宿泊もできる「ビステリア」が誕生淡路島・北淡に4/4オープン「淡波家」

2018年6月7日 17:55更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2017年に閉店した神戸の名店「E.H BANK」を、オープン当初より舵取りしていた上田さんが、趣ある建物をリノベートした“道の駅+食事処+カフェ”のような一軒。すでにリピーター続出の蒸し上穴子重、特製牛タンシチューなど、美味なる食材を使いジャンルにとらわれない多彩なメニューで楽しませてくれる。ペットOKのウッドデッキではBBQプランもあったり、営業時間が長いのも夜が早い淡路島では魅力的。また、隣接した家屋を生かしたゲストルーム別棟「ハナレ」もある。1泊(3240円) から。

創作料理の数々に島の恵みがたっぷり

淡路島の漁師から仕入れる鮮魚をたっぷり味わうなら要予約のコースを。ランチではスパゲティやハヤシライスに加え、絶品の穴子重も。ディナーはボリューム満点のステーキなどをアテに貴重なビールも堪能あれ。

圧巻のディナー 淡路牛丼(2,980円)(奥、1日5食限定)、明太子海苔ゲリータ(780円)(手前左) など

全ての画像を見る(11件)

【写真を見る】ランチの焼くより蒸しろ上穴子重(1,680円)(手前左) 、しまあげ本日の島スパゲティ(1,280円)(手前右) など

前日までに要予約のコース(4,320円〜)。金額により舟盛り、炭焼き、鍋などが付く

広間や宴会場のほかウッドテラスもあり!

ノスタルジックな雰囲気の広い店内には、少人数用の広間のほか、8人から利用できる第1宴会場、テーブルや椅子からも木のぬくもりを感じられるウッドテラスがある。さらに、現在は準備中だが第2宴会場もあり、人数や目的によって使い方を選べる。

ブルーののぼりが目印。北淡ICを出てすぐの好立地

メインとなる広間は掘りごたつ4卓、4人用テーブル1卓、2人用1卓がある

舞台やベビーベッドが備えられている第1宴会場

県道123号線に面したウッドテラスには、気持ちのいいハンモックも!

隣接の「ハナレ」で宿泊!島観光の拠点に最適

素泊まりを基本とし、食事は淡波家で自由に楽しめる新タイプのゲストルーム・別棟「ハナレ」。1〜4人用の部屋が4つあり、改装直後で清潔感も抜群。レンタカー(有料) も淡波家で利用できるので、宿泊して淡路島観光を気軽に楽しむことができる。

「ハナレ」の中で最も夕日がきれいな2人部屋

和室の4人部屋。4人部屋は2段ベッドが2台置かれたタイプもあり

パソコンの使用に最適なテーブルもある1人部屋

淡波家に隣接した建物の2階が「ハナレ」

ここを拠点に淡路島を心行くまで楽しんで

淡路島・北淡「淡波家」住所:淡路市育波855-2 電話:0799-84-0004 時間:11:30〜23:30※21:00以降は要予約 定休日:要問い合わせ 席数:約50席 タバコ:分煙 駐車場:10台(無料) アクセス:神戸淡路鳴門自動車道北淡ICよりすぐ

この記事の画像一覧(全11枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る