世界初!「宇宙ビール」の試飲イベント開催

2008年12月4日 16:04更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

サッポロビールが、世界初の宇宙ビール「SAPPORO Space Barley(サッポロ スペース バーレイ)」を試験醸造した。同ビールは、宇宙におけるビール用大麦の可能性を探るため、岡山大学と共同で行っている「極限環境ストレスの大麦への影響調査」の研究の一環として醸造されたもの。

原料の麦芽には、「宇宙を旅した大麦の子孫」を100%使用。国際宇宙ステーションのロシア実験棟内で5カ月間保管した大麦種子を持ち帰り、今年5月に収穫した「はるな二条」というビール用大麦を使っている。

今回の醸造量はわずか100リットル。そのほとんどを試験用として使用するが、その一部について、全国6工場(北海道、仙台、那須、千葉、静岡、新北九州)で試飲イベントを実施する。イベントには、抽選で30組60名を招待し、試飲のほか、試飲証明書の授与や、工場見学を予定している。また、来年には、このイベントのほかにも、「宇宙を旅した大麦の子孫」を利用して地元の子どもたちを対象に「宇宙教室」や「宇宙の麦茶の焙煎・試飲体験」を予定。

■イベントは、以下6工場にて開催

サッポロビール北海道工場 2009年1/16(金)14:00〜

サッポロビール仙台工場 2009年1/13(火)13:00〜

サッポロビール那須工場 2009年1/7(水)14:00〜

サッポロビール千葉工場 2009年1/21(水)14:00〜

サッポロビール静岡工場 2009年1/9(金)10:00〜

サッポロビール新九州工場 2009年1/13(火)10:00〜

【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る