店主の目利きと職人の技が光る、福岡の隠れた鮨・和食の名店

2018年10月7日 12:00更新

九州ウォーカー Reserve Walker

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

福岡市南区寺塚「鮨処 なが井 」。メニューは、おまかせのコース(昼6,480円〜、夜8,640円〜)のみ。旬を握った寿司の数々にはじまり、名物の茶碗蒸しや一品料理など、多彩な品々が味わえる。

コース一例。季節や仕入れによって内容は変動。

全ての画像を見る(6件)

【写真を見る】凜としたたたずまいが上質なひと時を演出。

「梅茶碗蒸し」。梅肉の酸味がアクセント。

関西や名店「やま中」で腕を磨いた店主自らが見て、触れた食材を仕入れ、それを最良の状態で提供していく。ひとつひとつの仕事に妥協はなく、1日8名限定なのもそのため。

マグロの酒盗をかけた「自家製湯葉の酒盗がけ」。

鉄筋コンクリートの建物の1F。大きな看板は出していない。

最大で8名まで座れるテーブル席も備える。

天神・博多の中心地から離れた場所に店を構え、最寄り駅からも離れた住宅街の一角にあるが、わざわざ足を運んででも行っておきたい店だ。お得意さんを案内したら、株も上がるはず。

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る