風味際立つ味噌を味わう!県央エリアのラーメン店3選

2018年10月29日 17:00更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

濃厚でコク深いスープが味わえる、ラーメンの定番・味噌。県央エリアで絶品の味噌ラーメンが食べられる3店をセレクト。

2種の味噌が奏でる!「蔵味噌ラーメン 晴っぴ」

「味玉蔵味噌ラーメン」(950円)。小田原産と北海道産の味噌で作るスープは濃厚な旨味が魅力

全ての画像を見る(9件)

“お腹いっぱいになってハッピーになってほしい”という気持ちから名付けられた「はっぴ」。本厚木の「中華そば 麺や食堂」の味噌ラーメン業態として、2017年10月にららぽーと海老名1階にオープンした。掲げたのは「原点回帰」。家族連れでも食べやすく長く愛されるよう、奇をてらわない王道の味噌の味を追求している。麺は国産小麦のモチモチ中太麺を使用しており、2種の味噌から作るスープとの相性は抜群だ。「味玉蔵味噌ラーメン」(950円)は低温調理「コンフィ」の手法で作る薄切りロースチャーシュー、高く盛られた野菜など、トッピングが華やか。

【写真を見る】「ゆず味噌ラーメン」(961円)。柚子のジュレが溶け出し、1杯で2度楽しめる

「ゆず味噌ラーメン」(961円)はスープに柚子の果汁が入っており、さわやかな香りとさっぱりとした口当たりが特徴だ。

「晴」の字ののれんが目を引く店内

ショッピングセンター内にあるため誰でも入りやすい。幅広い世代に人気

■蔵味噌ラーメン 晴っぴ(はっぴ) 住所:神奈川県海老名市扇町13-1 ららぽーと海老名 1F 電話:046-244-0182 時間:10:00~21:00(LO20:45)※スープがなくなり次第終了  休み:不定(施設に準ずる) 席数:12席(カウンター10、テーブル2) ※禁煙 駐車場:1300台(500円/60分ほか) アクセス:JR線海老名駅直結、小田急線海老名駅より徒歩3分、相鉄線海老名駅より徒歩4分

味の決め手はコクと甘味が絶妙な特製味噌ダレ!「大正麺業 厚木店」

「特製味噌ラーメン」(980円)。分厚い3枚のチャーシューが乗った豪華な一杯

2種の味噌に香味野菜を練りこんだ“特製味噌ダレ”が使われる特製味噌ラーメンが評判。「特製味噌ラーメン」(980円)の香味野菜と一緒に煮込んだタレと数種類の味噌を混ぜた味噌ダレで作られた味噌スープは、コクが深く、中太麺との相性もいい。このほか、あっさり味の「醤油ラーメン」(700円)や魚介ダレの「味噌つけ麺」(880円)、マヨネーズ・ケチャップを添えた斬新な味つけの「焼きメン」(750円)も味わえる。

店内は広々としておりカジュアルな雰囲気

店名が大きく書かれた特大の看板が掲げられている

■大正麺業 厚木店 住所:神奈川県厚木市戸室1-36-3 電話:046‐297‐3939 時間:11:00~15:00、17:00~23:00、土曜、日曜、祝日11:00~23:00(各LO) 休み:なし 席数:17席(カウンター7、テーブル8、座敷2) ※禁煙 駐車場:10台(無料) アクセス:小田急線本厚木駅より王子行バス約13分、吾妻団地バス停からすぐ

大盛り&お祭り気分でパワーチャージ!「熟成味噌ラーメン まるひで」

「まるひで ごちそう味噌ラーメン」(1,026円)。ブレンダ―で攪拌した背油を絡めた麺は、ほんのりと甘みが感じられる

2018年3月にオープンした「熟成味噌ラーメン まるひで」。創業1850年(嘉永3)年、小田原の老舗味噌店「加藤兵太郎商店」の味噌など数種の味噌をブレンドした特製味噌ダレは、白味噌がベースでほんのりとした甘い味わい。「まるひで ごちそう味噌ラーメン」(1,026円)はチャーシューやモヤシ、ネギなど具だくさんのトッピングと大量のニンニクが効いた食欲をそそる一杯となっている。店内はお祭りのような明るい雰囲気なので元気をつけたい時に最適!

入口のちょうちんや店内の電球の灯りがお祭り気分を盛り上げる

■熟成味噌ラーメン まるひで ※2018年3月13日オープン 住所:神奈川県秦野市掘川134 電話:0463-71-5885 時間:11:00~23:00(LO) 休み:なし 席数:36席(カウンター16、テーブル20) ※禁煙 駐車場:26台(無料) アクセス:小田急線渋沢駅北口より徒歩8分

お気に入りの味噌ラーメンを探しに、県央へ食べ比べの旅に出てみてはいかが?

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る