いよいよ7/26(土)隅田川花火大会開催!

2008年7月24日 0:00更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ことしで31回目となる「隅田川花火大会」が7/26(土)に開催される。1733年の「両国川開き花火大会」を起源とする、日本で最も歴史ある大会だ。当時は「鍵屋」と「玉屋」の2軒の花火商店が互いに腕を競っており、両者を応援する民衆が「たまや〜」「かぎや〜」の声で盛り上げていた。なじみのこの掛け声も、同大会が始まり。

現在は会場を2つに分け合計2万発を打ち上げる関東最大級の大会へと成長、昨年は98万人が訪れた。4000発以上がいっせいに打ち上げられるフィナーレは感動的だ。

第二会場の花火を担当するホソヤエンタープライズの河野晴行さんは「ことしは五輪イヤーなのでオリンピックをテーマにした演目を用意。なかでも金銀銅メダルを模した花火はことし限りの新作です」と話す。また、6月に名称が決まったばかりの「東京スカイツリー」やオリンピックをイメージしたスターマインも見どころだ。【東京ウォーカー/オオトウ アヤ】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る