青森ねぶた祭も!「ふるさと祭り東京」にお祭り全国選抜が集結

2019年1月17日 15:25更新

東京ウォーカー(全国版) Raira

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

毎年約40万もの人々が来場し、これまで延べ340万人以上を動員した東京ドームの巨大イベント「ふるさと祭り東京」が、1月20日(日)まで開催中だ。

大迫力!八戸三社大祭の山車

すべての画像を見る(4件)

「ふるさと祭り東京2019-日本のまつり・故郷の味-」は、全国のさまざまな“ご当地の味”が楽しめるイベント。ご当地キャラも大集合している。また、会期中は「お祭りひろば」で、全国から選抜したお祭りを観覧できるライブスペースや、小規模な祭りや伝統芸能、ミニライブなどが行われるステージが展開されている。

「青森ねぶた祭」のお囃子(はやし)や跳人(はねと)の実演も

そこでは、日本屈指の祭典「青森ねぶた祭」のお囃子(はやし)や跳人(はねと)による迫力の実演も。その他、色鮮やかな山車が自由自在にその姿を変えながら練り歩く「八戸三社大祭」(青森県)や、46個の提灯がついた重さ50kgの竿燈を自在に操る妙技が圧巻の「秋田竿燈まつり」(秋田県)など、東北を代表する伝統のお祭りから、初登場となる「桐生八木節まつり」(群馬県)、同イベントで高い人気を誇る「高知よさこい祭り」(高知県)、「沖縄全島エイサーまつり」(沖縄県)も登場。全国各地から15を超える団体が集まり、会場を盛り上げる。同スポットを訪れて、さまざまなお祭りを一気に楽しんでみては?

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る