名古屋ラーメンまつり2019開幕!ラーメン雑誌編集者が厳選した、第1幕で食べるべき絶品ラーメン3杯を実食してきた!!

2019年2月1日 21:24更新

東海ウォーカー 中村竜也

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2019年2月1日(金)から2月5日(火)まで「名古屋ラーメンまつり2019」の第1幕が「久屋大通公園 エディオン久屋広場」(名古屋市中区)で開催される。全国の人気ラーメン店が集結するこのイベント。「全部おいしそうだけど、お金にも胃袋にも限界が。どれを選べばいいの~!?」と悩む人も多いのでは。そこで今回は、ラーメンを知り尽くした「ラーメンWalker東海」の編集者が、食べるべき絶品ラーメンを3杯、厳選してくれた!その味を確かめるべく、実食してきたぞ!!

ラーメンWalker監修店の絶品煮干し!

「ニボチャチャ!!ラーメン あらき軒」

まず食べたのが、「ニボチャチャ!!ラーメン あらき軒」の「文殊にゅう豚のフワトロ背脂と四種ノ貝の贅沢ダレのニボチャチャラーメン」。「ラーメンWalker東海」の表紙を飾ったこともある、岐阜の超人気店だ。

【写真を見る】「文殊にゅう豚のフワトロ背脂と四種ノ貝の贅沢ダレのニボチャチャラーメン」/「ニボチャチャ!!ラーメン あらき軒」

ラーメンを受け取ると、すぐに煮干しと魚介の豊かな香りが!おいしそうなにおいに急かされながら、テーブルを目指す。それでは早速「いただきま~す!!!」

煮干しと魚介のいい香りが!はやく食べたい!!/「ニボチャチャ!!ラーメン あらき軒」

全ての画像を見る(12件)

まずはスープから。やはり、煮干しのダシがよく効いている。4種類の魚介を使用しているだけあって味わい深く、スープだけでもぐいぐい飲めてしまうほどに、ウマい!全体的にあっさりとしているが、こだわりの背脂がグッと全体を引き締めている。

こだわりが隠された、シンプルで王道の塩!

「新潟拉麺協同組合(麺家太威)」

続いて「新潟拉麺協同組合(麺家太威)」の「極上淡麗 貝だし潮ラーメン」を実食。看板を見ると「ラーメングランプリ 2年連続 新潟 1位」の文字が。これは期待が高まる!

「極上淡麗 貝だし潮ラーメン」/「新潟拉麺協同組合(麺家太威)」

「塩の味が濃い!ウマい!もう箸がとまらない!!!」/「新潟拉麺協同組合(麺家太威)」

塩ラーメンならではのさっぱりした味わいだが、塩の味が濃く、旨味が強い!使用している藻塩は、名勝天然記念物に指定されている「笹川流れ」の塩なのだ。ホタテやアサリなど魚介の味わいとの相性も良く、今まで本格的な塩ラーメンをあまり食べたことがなかった自分にとっては、かなりの“塩ラーメン改革”であった。

煮干し醤油のスープが染みた、肉厚チャーシュー!

「中華そば ムタヒロ」

最後の1杯は「中華そば ムタヒロ」の「肉煮干そば」。まずそのチャーシューの存在感に驚き!スープからいただきたいところだが、耐えきれず早速チャーシューに食らいつく。

「肉煮干そば」/「中華そば ムタヒロ」

「肉厚なチャーシュー!これは気分がアガる!!」/「中華そば ムタヒロ」

肉感たっぷりでありながら柔らかく、このチャーシューの虜になってしまいそう。中太麺はモチモチとした食感で、かなりの食べ応え。しかし、煮干しの旨みと醤油の香ばしさにどんどん食欲がかき立てられ...気づいたころには器は空っぽに。

三種三様、どの店もそれぞれの魅力があり、大満足の三杯であった。ラーメンまつり2019の第1幕が楽しめるのは2月5日(火)まで。お腹を空かせて、久屋大通公園へ急げ!

「名古屋ラーメンまつり2019」期間:第1幕2019年2月1日(金)~5日(火)、第2弾2019年2月7日(木)~11日(祝) / 会場:久屋大通公園 エディオン久屋広場 時間:10:00~20:30※5日(火)・11日(祝)10:00~20:00 / 料金:通常券850円ほか

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全12枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る