ガストの限界を超えた本格派!京都「辻利一本店」の厳選宇治抹茶を使った和スイーツ発売

2019年3月10日 10:00更新

東京ウォーカー(全国版) 篠田

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ファミリーレストラン「ガスト」で、 3月7日から5月15日(水)まで「辻利一本店」(つじりいちほんてん)の宇治抹茶を使用したスイーツ4種を販売している(モーニング時間帯を除く)。

「辻利一本店」の宇治抹茶をふんだんに使用した本格派和スイーツ

「辻利一本店」の宇治抹茶をふんだんに使用した本格派和スイーツ

すべての画像を見る(6件)

1860年創業の京都・宇治の老舗「辻利一本店」の宇治抹茶は、口に入れた瞬間に香る抹茶本来の風味と、ほろ苦い味わいが特徴。そんな「辻利一本店」の宇治抹茶をふんだんに使用した、本格派和スイーツが新登場した。

特におすすめなのは「北海道ソフトの宇治抹茶パフェ」(税抜649円)。 辻利一本店の宇治抹茶をゼリー・ソースに加えており、最後の一口まで抹茶の風味を堪能できる。さらに、マスカルポーネクリームを合わせることで 抹茶のほろ苦い味わいを引き出している。

【写真を見る】いちおしは、北海道ソフトの宇治抹茶パフェ(税抜649円)

【写真を見る】いちおしは、北海道ソフトの宇治抹茶パフェ(税抜649円)

食事の後のスイーツやティータイムでの利用はもちろん、ほんのりとした甘さなので、アルコールを飲んだ後のシメパフェとしてもおすすめ。

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

特集

ページ上部へ戻る