いま「競泳水着」が売れている!?

2008年7月28日 0:00更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

英・スピード社の「レーザー・レーサー」で話題になった競泳水着。北京オリンピック日本代表選手の着用水着も決まりつつある中、一般人向けの競泳水着の販売が好調だ。

都内最大級(70平方メートル)の競泳水着売場を持つ「ハルク」(東京都新宿区)では、「ことしは対前年2ケタ増のペース」(広報担当者)だという。売れ行き好調の理由は主に、健康作りとして水泳を始める人が増えていることによる。

競泳水着と一口に言っても、定番の「ワンピース」「セパレート」のほか、トップス・ボトムスを自由に組み合わせられる「コンポーネント」、水中ウォーキングやアクアビクスに適した「オールインワン」、水着裏側にパワーネット(ストレッチ性のあるネット状の生地)が内蔵された「シェイプアップ」、競技用の「レーシングモデル」など、選べる種類も増えてきている。

なかでもおなか周りを引き締められる「シェイプアップ」タイプの水着の需要が増えるだろうと同店では予測、ミセス向けのスポーティなシェイプアップ水着の品ぞろえも強化し始めた。

オリンピックが始まれば、水泳に興味を持つ人がさらに増えることは確実。競泳水着の売れ行きは今後も好調に推移しそうだ。【東京ウォーカー/片岡研】

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る