チョコを浴びる!?ユネッサン“チョコレート風呂”

2008年12月19日 9:42更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

箱根にある温泉テーマパーク「箱根小涌園ユネッサン」(神奈川県足柄下郡箱根町)で、2009年1/10(土)から期間限定で「チョコレート風呂」が登場する。茶褐色にカカオの甘い香りを漂わせた斬新な湯は、ホットチョコレートのよう。メーカーと共同開発した専用の入浴剤を使用し、血行促進や老廃物の排出効果があるといわれるポリフェノール成分が入るなど、効能までも追求した本格派(!?)だ。

注目は、一日3回行われる投入イベント。入浴している客の目の前でチョコレートソース1リットルを投入するパフォーマンスで、毎日10:30〜、14:00〜、17:00〜に実施される。子供はもちろん、大人にも大好評。まさに「浴びるほどチョコを食べてみたい…」という幼い頃の思いを叶えてくれるのだ。

同施設はこれまでもユニークなイベント風呂を展開。2007年には人気ラーメン店「なんつッ亭」(本店:秦野市)とコラボレートした「箱根ラーメン風呂」を実施して話題を集めた。ほかにも、ボージョレー・ヌーボー解禁時にあわせた「ボージョーレー・ヌーボー風呂」など、およそ風呂とは思えない名の湯を生み出し人気を集めている。バレンタインに向け、各施設がさまざまな「チョコ」を展開してきているが、たまにはこんなチョコもありかもしれない!?【東京ウォーカー/鷹取祐子】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る