3分でわかる!今週末のプロ野球『全カード』の見どころ

2019年6月12日 17:30更新

東京ウォーカー(全国版) 浅野祐介/ウォーカープラス編集長

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

スポーツの醍醐味はやっぱり生観戦。今回、ウォーカープラスでは、プロ野球に精通するライターの京都純典さんに、“簡単にわかる”今週末開催の全カードの見どころを聞いてみた。

生観戦で楽しみたいプロ野球

すべての画像を見る(1件)

日本ハムvs巨人@札幌ドーム

・6月14日(金)18時 

・6月15日(土)14時

・6月16日(日)14時

巨人のエース菅野智之は、腰の違和感で戦列を離れていたが9日のロッテ戦で復帰登板。6回2失点とまずまずの投球を見せた。この週末に復帰2戦目の登板が濃厚だが、パ・リーグトップのチーム打率を誇る日本ハムにどのような投球を見せるか。

楽天vs広島@楽天生命パーク

・6月14日(金)18時 

・6月15日(土)14時

・6月16日(日)13時

両リーグで首位争いをしているチーム同士の対戦。広島は12球団トップのチーム防御率(11日時点、以下同)だが、先発に若干の不安が残る。楽天は、抑えの松井裕樹をはじめとしたリリーフ陣の安定感は抜群なだけに、先取点を奪って有利な展開に持ち込みたい。

西武vsヤクルト@メットライフドーム

・6月14日(金)18時 

・6月15日(土)14時

・6月16日(日)13時

12球団ダントツの25本塁打と60打点と脅威の成績を残している山川穂高を中心とした

西武の打線は強力だが、ヤクルトも負けていない。チーム打率こそセ・リーグ最下位だが、得点はリーグ2位。両チームとも防御率がリーグ最下位と投手陣が不安定なだけに打ち合いとなりそうだ。

ロッテvs中日@ZOZOマリン

・6月14日(金)18時 

・6月15日(土)14時

・6月16日(日)14時

昨季までよりも最大で4メートル外野スタンドが手前にせり出す「ホームランラグーン」を増設したZOZOマリンスタジアム。海沿いにあるため風の影響も受けやすく、意外な選手に一発が出ることも。投手は細心の注意を払いたい。

オリックスvs阪神@京セラドーム大阪

・6月14日(金)18時 

・6月15日(土)18時

・6月16日(日)14時

関西ダービー。このオフにオリックスから阪神へ移籍した西勇輝投手は14日の先発が予想される。古巣との対戦でどのような投球を見せるか注目。比較的小柄ながらフルスイングが魅力のオリックス・吉田正尚との対戦はとくに楽しみだ。

ソフトバンクvs DeNA@ヤフオクドーム

・6月14日(金)18時 

・6月15日(土)14時

・6月16日(日)13時

DeNAの4番筒香嘉智は、昨季ソフトバンクとの対戦で9打数5安打、打率.556、2本塁打と打ちまくった。昨季と同じヤフオクドームで、再びバットが火を噴くか。日本を代表する好投手・千賀滉大や、最近ではあまり見なくなったアンダースローの高橋礼との対戦にも注目。

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る