50袋に応募者4000人! “駅弁福袋”の中身

2008年12月25日 14:45更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2週間で35万個以上の駅弁を販売し、毎年10万人以上を集める京王百貨店名物の駅弁大会。09年1/8(木)から開催される日本一の駅弁の祭典で、人気弁当を詰め込んだ福袋が登場する。

なんといっても魅力は、催事で大人気の駅弁4種類がすべて入って1000円ということ。恒例の対決シリーズの今年のテーマである「タコvsイカ」、「伊豆の人気駅弁対決」という大行列必至の4種類の駅弁を、並ばずに購入できるのだ。受取日は09年1/10(土)、17(土)の2日間で、各日25個ずつ計50個用意されている。

購入の受付期間は12/26(金)〜09年1/5(月)で京王百貨店新宿店1階の正面入り口特設会場で予約する。応募制で、応募者多数の場合は抽選となる。昨年は4000件の応募が殺到した超お買い得の駅弁福袋。注目の中身は、鳥取の「いかすみ弁当黒めし」(1100円)、香川の「たこめし」(950円)、伊豆の「とろ金目の塩焼き弁当」(1000円)と「あじ寿司」(1000円)の4種類だ。限定50個の超ド級プレミアムレア福袋をあなたもゲットしてみない?【東京ウォーカー/中道圭吾】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る