キッザニア甲子園にペンギンの生態を知る期間限定の新パビリオン!

2019年8月22日 17:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

子供たちがまるで大人のように、さまざまな仕事やサービスを体験できる、職業・社会体験施設「キッザニア甲子園」に、この夏、VRやITなど、最新技術を使った期間限定の新パビリオンが登場!

ユニフォームに着替え、南極観測隊の仕事を体験/キッザニア甲子園


南極観測隊のお仕事を体験!


子供たちが、南極観測隊の一員となり、生物学者として南極について学び、南極に生息するペンギンの個体数を観測する新パビリオン。

【写真を見る】体験時に着用するユニフォームは南極観測隊が実際に使用するものをモチーフにしている。着用すると、観測隊の気分に!/キッザニア甲子園


南極のことを知るために、壁には南極の自然やペンギンの写真が飾られている。写真は、実際に観測隊に参加したメンバーが撮影したもの/キッザニア甲子園


アクティビティの流れ


1.まずは体験内容についての説明から/キッザニア甲子園


今回は、南極観測隊のたくさんある仕事の中で、生態系を観測する生物学者となって、南極や自然について学んでもらう。

2.「キッザニア東京」にはないドーム型の360度VRシアターへ/キッザニア甲子園


マイナス40℃にまで達する、南極の過酷な環境や、今回観測を行うアデリーペンギンの生態について映像で紹介。ペンギンに小型のカメラを装着することで撮影に成功した捕食の瞬間など、希少価値が高い映像も多く、見応えある映像が満載だ!

3.ペンギンの個体数を観測する前に、ペンギンの習性やエサなどについて写真を交えて紹介/キッザニア甲子園


ペンギンの種類は多く、アデリーペンギンのほか、コウテイペンギン、ジェンツーペンギン、ヒゲペンギンなどがおり、それぞれ大きさや習性が違うことを知った子供たちは、ペンギンに興味津々の様子!

4.いよいよ、ペンギンの個体数を観測する体験へ/キッザニア甲子園


手元のタブレットに映し出された自然に暮らすペンギンの中から、アデリーペンギンを探し出して、数を観測。画面を指で左右に動かしながら、真剣に観測する子供たち。

5.最後は、全員が観測した個体数から平均値を算出し体験は終了/キッザニア甲子園


体験に参加した子供たちは、「南極に行ってみたいと思った!」「ペンギンがかわいい」「南極ではもっと色々な仕事があると知ったので、それも体験してみたい!」と、満足そうな笑顔で感想を語ってくれた。

普段の生活では、なかなか知ることができない南極研究所のお仕事。オープン期間は2020年1月31日までなので、キッザニア甲子園へ出かけてみてはいかがだろうか。

■パビリオンDATA/職業名:生物学者 定員:5名 体験時間:30分 給料:8キッゾ 期間:2020年1月31日まで

■キッザニア甲子園<住所:兵庫県西宮市甲子園八番町1-100 ららぽーと甲子園内 電話:0570-06-4343(インフォメーションセンター) 時間:第1部9:00〜15:00、第2部16:00〜21:00※完全入替制 休み:不定休 アクセス:【電車】阪神電鉄甲子園駅から徒歩14分 【車】阪神高速道路3号神戸線武庫川出入口から約5分>

橋本未来

この記事の画像一覧(全8枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る