壮大なロマンを秘めた大名行列 福島県会津若松市で「会津まつり」開催

2019年9月5日 12:45更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

福島県会津若松市の鶴ヶ城、神明通りほかで、9月21日(土)から23日(月)の3日間「会津まつり」が開催される。

大迫力の会津まつりに行こう

大迫力の会津まつりに行こう
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

子どもたちによる提灯行列からはじまり、時代絵巻が楽しめる3日間。小学生による日新館童子行列や鼓笛隊パレード、鶴ヶ城での先人感謝祭、そして会津まつり最大のイベント「会津藩公行列」は圧巻の一言。会津で活躍した武将を再現する甲冑姿の武者行列と大名行列が市内を練り歩くさまは必見だ。

【写真を見る】毎年多くの人が訪れる会津若松市の人気の祭り

【写真を見る】毎年多くの人が訪れる会津若松市の人気の祭り写真は主催者提供

担当者は「22日のメインイベント『会津藩公行列』は、行列形態を葦名氏から松平氏までの武家政権の流れを表わした『歴代領主編』として繰り広げます。総勢約500人が武者姿に扮し市内を練り歩き、まさに時代絵巻そのものと言えます」と会津まつりの魅力を話す。

500人の武者が街を練り歩く姿は圧巻の迫力。この機会に会津若松市に行こう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る