黒ネコやカボチャのドーナツが登場!クリスピーのハロウィン新作を実食レポ

2019年9月10日 18:00更新

東京ウォーカー(全国版) 今井優佳

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

クリスピー・クリーム・ドーナツは、「ハロウィン」をテーマに、秋の味覚であるパンプキン、マロン、アップルを使用したドーナツを9月11日(水)から10月31日(木)までの期間限定で販売。その試食会に編集部員が参加し、新作3種を実際に味わってきた。実は縁が深い「クリスピー×ハロウィン」の変遷にふれつつ、限定商品のラインナップを紹介する。※一部店舗では販売なし、価格は税抜き

ハロウィン限定商品は9月11日(水)~10月31日(木)の期間で販売

ハロウィン限定商品は9月11日(水)~10月31日(木)の期間で販売

すべての画像を見る(13件)

カボチャ&黒ネコ&ひとつ目モンスター、新作3種を一気に紹介!

今年のハロウィンでは、秋のおいしい素材をふんだんに使用。見た目のかわいさはもちろん、秋らしく深い味わいを楽しめる。『パンプキン カスタード ジャック』は、定番人気のジャックランタンの姿。中にはその名の通りパンプキンカスタードクリームがたっぷり。3種の中でも随一の濃厚な味わいが堪能できた。

いたずらっぽい表情の『パンプキン カスタード ジャック』(230円)

いたずらっぽい表情の『パンプキン カスタード ジャック』(230円)

『黒ネコ”マロン”』は、昨年話題となった黒ネコの第2弾。栗を模した口元のトッピングと、ホワイトチョコでできた大きな猫目がなんともかわいい。国産栗を使用したリッチなクリームが詰まっているが、表面はビターチョコのためほどよい甘さ。食べ進めると訪れた意外なサクサク食感は、クラッカーでできたキュートなさんかく耳によるものだ。

3本ヒゲがチャームポイントの『黒ネコ”マロン”』(250円)

3本ヒゲがチャームポイントの『黒ネコ”マロン”』(250円)

大きなひとつ目がトレードマークの『アップル キャラメル モンスター』は、今年初登場の商品。まるで本物のリンゴのような輝きのヒミツは、リンゴ果汁を使用した甘酸っぱいナパージュ(洋菓子のフルーツの上に塗る透明なツヤ出しのこと)。頭のてっぺんの葉っぱは、ジャックと同じくかぼちゃの種だ。

真ん丸なひとつ目がかわいらしい『アップル キャラメル モンスター』(230円)

真ん丸なひとつ目がかわいらしい『アップル キャラメル モンスター』(230円)

これらの限定ドーナツ3種に加え、プリン味のチョコがベースの『ハロウィン スプリンクル』と、人気No.1の『オリジナル・グレーズド』を組み合わせた12個入り・6個入りのボックスが、ハロウィン限定のオリジナルパッケージ(※なくなり次第終了)で登場。また、一回り小さなハロウィンドーナツが集合した『ミニ ボックス』シリーズも見逃せない。

アメリカ発だから縁が深い?「クリスピー×ハロウィン」の変遷

クリスピーのハロウィン限定商品の歴史についてお話ししてくれた広報の関氏

クリスピーのハロウィン限定商品の歴史についてお話ししてくれた広報の関氏

広報の関氏によれば、クリスピーは元々アメリカ発のチェーン店であるため、現在のように日本にハロウィンが定着する前からハロウィン期間に合わせて限定商品を用意。ただし日本人の好みや文化に合わせ、本場よりは”かわいめ”の商品を企画してきたとのこと。

2015年からは、日本でもハロウィンが浸透してきた状況をふまえ、ミイラやヴァンパイアなどに変身した姿の、”攻めた”ドーナツを販売。そして昨年2018年はインスタ映えやピンクブームを意識し、ガラリと雰囲気を変えてピンクがメインカラーのドーナツを提案したという。今年はジャックを定番のオレンジに戻しつつも、昨年の”かわいさ”と初登場で人気を博した「黒ネコ」を引き継ぐ形となった。

つり目のジャックとミイラがインパクト大の2016年『ハロウィン モンスターズ ダズン』

つり目のジャックとミイラがインパクト大の2016年『ハロウィン モンスターズ ダズン』

人気の黒ネコ初登場!ピンクがメインカラーの2018年『BLACK OR PINK? HALLOWEEN』

人気の黒ネコ初登場!ピンクがメインカラーの2018年『BLACK OR PINK? HALLOWEEN』

現代のハロウィン文化の本場・アメリカからやってきたクリスピー・クリーム・ドーナツ。10月までにぜひ足を運んで、とっておきの3種をはじめ、ハロウィン限定商品を味わってみて。

この記事の画像一覧(全13枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る