【開催イベント情報付き】3分でわかる!今週末のJリーグ『全カード』の見どころ

2019年9月11日 18:45更新

東京ウォーカー(全国版) 浅野祐介/ウォーカープラス編集長

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

スポーツの醍醐味はやっぱり生観戦。今回、ウォーカープラスでは、日本最大級のサッカーサイト「Goal.com(日本版)」に、“簡単にわかる”今週末開催の全カードの見どころを聞いてみた。教えてくれたのは、編集部の上村迪助さん。

生観戦で楽しみたいJリーグ

生観戦で楽しみたいJリーグ

すべての画像を見る(1件)

清水エスパルスvs名古屋グランパス 9月13日(金)19:30キックオフ@IAIスタジアム日本平

3試合勝利のない両クラブによる一戦。その間の失点数は清水エスパルスが計14失点、名古屋グランパスが計8失点とどちらも守備面での改善が求められる状況だ。試合当日は来場者先着1万5000名にオリジナルデザインのベースボールシャツがプレゼントされるほか、ハーフタイム中には大人気アーティストのSEAMOが登場。“あの名曲”をアイスタで披露することが予告されている。

浦和レッズvsセレッソ大阪 9月13日(金)19:30キックオフ@埼玉スタジアム2002

浦和レッズは、ミッドウィークに行われたJリーグYBCルヴァンカップで鹿島アントラーズと引き分けて敗退。その失望から立ち上がるためには、何としてもリーグ戦で7試合ぶりの勝利が欲しいところ。一方のセレッソ大阪はリーグ3連勝中と好調を維持するなかで埼玉スタジアムに乗り込む。かつてのC大阪のエースであり、現在は浦和で徐々に出番を増やしているFW杉本健勇は成長した姿を古巣のサポーターに見せることができるのだろうか。

北海道コンサドーレ札幌vsベガルタ仙台 9月14日(土)14:00キックオフ@札幌厚別公園競技場

今節唯一のデイゲームとなるこの試合では、来場者全員に『ガリガリ君』のソーダ味がプレゼントされるほか、サブグラウンドが入場無料で大解放。また、今季最後のグルメイベントとして「厚別スタジアムグルメ&ビアパーク2019」が開催される。賑やかな催しが盛りだくさんな一戦、上位浮上を目指す好調の7位北海道コンサドーレ札幌は熾烈な残留争いを続ける15位ベガルタ仙台を振り払い、ホームサポーターを楽しませたまま帰したいところだ。

大分トリニータvs湘南ベルマーレ 9月14日(土)18:00キックオフ@大分市営陸上競技場

ここ6試合白星を飾ることができていない8位トリニータ。自動降格圏の松本山雅FCとの勝ち点差は「12」に開いており残留に向けての見通しはそれほど暗くないが、そろそろ勝利が欲しい。また、対する10位湘南ベルマーレにとっても、本格的に残留争いに巻き込まれないために勝ち点3が求められる一戦となっている。地に足の着いた戦いを続ける両クラブのマッチアップはタフな展開になりそうだ。

鹿島アントラーズvsFC東京 9月14日(土)19:00キックオフ@県立カシマサッカースタジアム

2位鹿島アントラーズが首位FC東京をホームに迎える上位直接対決。両クラブの勝ち点差は「4」に開いておりこの試合だけで順位が逆転することはないが、勝ち点6に相当する重要な一戦、俗に言う6ポインターだ。参加しているすべての大会で勝ち進んでおり4冠も視野に入っている鹿島を、9月の日本代表戦2試合に国内組として唯一フル出場したMF橋本拳人擁するFC東京は跳ねのけることができるのだろうか。当日は先着15000名にオリジナル手ぬぐいがプレゼントされ、スタジアムはアントラーズカラーに染まる。

川崎フロンターレvsジュビロ磐田 9月14日(土)19:00キックオフ@等々力陸上競技場

未だフェルナンド・フベロ監督体制での初勝利を飾ることができておらず、ここ6試合で5敗1分けと最悪の状態が続く磐田。順位は17位松本山雅FCに勝ち点差6をつけられての最下位と、降格の危機が背後まで迫っている。とはいえ、川崎フロンターレも6試合勝利がなく、ここ4試合連続で複数失点が続くなど下降気味。試合当日は献血推進イベント「噂のケンケツSHOW」の一日献血大使としてお笑い芸人のワッキーが来場するが、“芝刈り機”のような鋭い守備を披露して立て直すことはできるのだろうか。

横浜F・マリノスvsサンフレッチェ広島 9月14日(土)19:00キックオフ@ニッパツ三ツ沢球技場

優勝戦線生き残りをかけて争われる3位横浜F・マリノスと4位サンフレッチェ広島による一戦。同日の同時刻には首位FC東京と2位鹿島アントラーズの対戦も行われるため、今節が優勝争いの肝になることは間違いない。一時期の不調から脱して連勝中の横浜FMの攻撃陣には、11試合無敗を誇る広島の守備をこじ開けるという難しいミッションが課される。

ガンバ大阪vsサガン鳥栖 9月14日(土)19:00キックオフ@パナソニック スタジアム 吹田

ガンバ大阪はインターナショナル・マッチウィークの中断中に元スペイン代表MFマルケル・スサエタの獲得を発表。現在31歳と脂がのっているこのウインガーは、これまでスペインの名門アスレティック・ビルバオ一筋で主力として活躍しており、その実力は折り紙付きだ。また、サガン鳥栖にもFWイサック・クエンカというスペインで期待を集めたウインガーが在籍。残留争いにおいて重要なポイントになるこの一戦は、サイドでの攻防が鍵を握ることになるかもしれない。

ヴィッセル神戸vs松本山雅FC 9月14日(土)19:00キックオフ@ノエビアスタジアム神戸

ヴィッセル神戸のホームで行われるこの試合では先着1万名に「イニエスタ選手ボブルヘッド」がプレゼント。負傷からの復帰が期待される元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタそっくりな、ここでしか手に入らない特別グッズだ。とはいえ、そういった華やかな催しとは一転して、松本山雅FCの状況は深刻だ。第25節終了時点で順位は自動降格圏の17位、残留ラインの15位ベガルタ仙台との勝ち点差は「4」に開いている。

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

特集

ページ上部へ戻る