東武動物公園にライオンズ&アルディージャの選手が来園

2008年12月25日 15:57更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2009年1/3(土)東武動物公園(埼玉県南埼玉郡)に地元出身の埼玉西武ライオンズ平野将光投手、斉藤章吾の2名が来園。さらに翌日の1/4(日)には大宮アルディージャの小林慶行選手、藤本主税選手が登場する。「新春・ドリームステージ」と題したこのイベンは、地元での交流を目的としてトークショーやゲームなどが催され、ファンならずとも参加者全員が楽しめる内容となっている。同園のライドパス(乗り物乗り放題)購入者には、サイン入りグッズがあたる抽選会も開催する。

また、園内のふれあい村では、干支の牛と記念写真(〜1/18(日))や、幸福の大蛇と呼ばれる体調3mもあるビルマニシキヘビ「フクちゃん」との記念撮影(〜1/12(祝)までの土、日、祝のみ)も行われている。

選手との貴重な交流会を満喫したあとは、動物たちとの触れ合いも楽しもう。【東京ウォーカー/オオトウ アヤ】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る