オバマ効果でイメージ“CHANGE”する福井物産展

2009年1月7日 17:09更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

1/20(火)にアメリカの大統領に就任するバラク・オバマ氏の影響で、なにかと注目を集める福井県小浜市。京王百貨店新宿店で1/22(木)〜27(火)に開催される福井物産展では、その小浜市の名産品も多数登場する。中でも一番注目を集めるのは、地名「OBAMA オバマ」を冠した「オバマを勝手に応援する会」公認の商品だ。

その目玉の一つは「おばまん」こと、井上耕養庵の「オバマまんじゅう」(5個入り・630円)。“I LOVE OBAMA”の文字が焼印された酒まんじゅうで、小浜市の「オバマを勝手に応援する会」からの要請を受け製作された。青山にある福井県のアンテナショップ「ふくい南青山291」でも通常の取り扱いがなく、東京では初めての販売となる。小浜の海産物(レンコダイ、サバ)を原料にした魚肉ハンバーグ(1個入り・250円)も姿を見せ、福井物産展に“オバマ効果”を波及させる。

オバマ以外では、まるごと大福を使用した「大福あんぱん」(210円)や「ずわいがに豪快巻き」(3150円)など福井で人気の商品など計71店(食品51店・工芸品20店)が出店。09年要注目の福井県の姿を、名産品を通じて垣間見よう!【東京ウォーカー/中道圭吾】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る