深夜限定の個性派まぜそばは、激辛マニアも悶絶する刺激的な一杯!<久屋大通>

2019年10月25日 8:00更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

飲食店が集まるビルの1階奥に店を構える「麺バル でら壱」(名古屋市中区)は、アイデアの光る個性的なまぜそばが人気の店。夜から明け方まで営業しているため、居酒屋として利用する人も多い。今回は、深夜にがっつきたくなる飯テロメニューを紹介する!

店中央のボードに辛さレベルMAXの極辛メニュー「百辛繚乱」(税込 1550円)をクリアした猛者の写真が飾られている

店中央のボードに辛さレベルMAXの極辛メニュー「百辛繚乱」(税込 1550円)をクリアした猛者の写真が飾られている

すべての画像を見る(3件)

2つのなごやめしが融合した激辛まぜそば

【写真を見る】「あん辛台湾まぜそば」(税込  950円~)は、深夜にしか食べられない激辛まぜそば

【写真を見る】「あん辛台湾まぜそば」(税込 950円~)は、深夜にしか食べられない激辛まぜそば

台湾まぜそばとあんかけが融合した「あん辛台湾まぜそば」(税込 950円~)は、深夜にしか食べられない一杯だ。あんに唐辛子を加えて辛さを調整している。しかし辛いだけではなく、卵黄や魚粉、刻み海苔などの多彩な味もしっかりと楽しめる。また「百辛繚乱(ひゃくからりょうらん)」(税込 1550円)には、世界で1、2位を争うほど激辛の唐辛子、キャロライナ・リーパーを使用している!覚悟を決めて挑戦しよう。

一品メニューにも注目!

「おつまみ炙りチャーシュー」(税込  500円)など、サイドメニューも豊富

「おつまみ炙りチャーシュー」(税込 500円)など、サイドメニューも豊富

「おつまみ炙りチャーシュー」(税込 500円)など、酒のつまみにピッタリのメニューも充実している。自慢のチャーシューは、店内で仕込んだ自家製だ。

飲み会後の締めやお腹が空いた深夜の一杯に、同店の深夜限定激辛まぜそばを狙ってみよう。

■麺バル でら壱 / 住所:愛知県名古屋市中区錦3-7-30 PIAFIVEビル / 電話:052-684-8399 / 時間:22:00~翌6:00(LO 5:30) / 休み:日曜

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る