巨大なクリスマスツリーが登場!高知県の高知市中央公園で「イルミネーションフェスタ2019」開催

2019年11月26日 14:55更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

高知県高知市の高知市中央公園で、11月29日(金)から2020年1月19日(日)まで「イルミネーションフェスタ2019」が開催される。

デートにもおすすめ写真は主催者提供


高知市の中心街に位置する中央公園で行われるイルミネーション。高さ17メートルと7メートルのシンボルツリー、樹木9本、ポール3本を約5万5000球のLEDでデコレーションする。周辺商店街のイルミネーションも美しく、中央公園と合わせると約6万5000球にも及ぶ。

11月29日(金)はイルミネーションのセレモニーが行われ、点灯式の後には「おまちで結婚式」が開催される。

【写真を見る】色とりどりのイルミネーションがツリーを彩る写真は主催者提供


担当者は「今年も高さ約17メートルのシンボルツリーをはじめ、公園内の樹木やオブジェもクリスマスカラーにデコレーションされています。冬の思い出づくりにぜひ足をお運びください」と来場を呼びかける。

約5万5000球のLEDがきらびやかな空間を演出する。周辺には飲食店も多いので、ツリーを見てから食事に行くのもおすすめだ。

ウォーカープラス編集部

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

ページ上部へ戻る