エイサーに琉球衣装…沖縄の魅力を丸ごと体験!「琉球村」の楽しみ方

2020年2月19日 16:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

沖縄・恩納村にある人気の観光スポット、「琉球村」。沖縄の文化、芸能、食などをまとめて体感できる観光テーマパークだ。施設内には古民家が建ち並び、古き良き沖縄にタイムスリップしたかのよう。他にも、エイサー演舞をはじめとしたアトラクションや、琉球衣装のレンタルなど体験系のプランも充実している。そんな琉球村の楽しみ方をご紹介。

エイサーなど沖縄の芸能が大集合「道ジュネー」は必見!

【写真】「道ジュネー」の中で披露される歓待舞踊「四つ竹(ゆちだき)」。花笠と紅型衣装で着飾った踊り手が、琉球道具の「四つ竹」を打ち鳴らしながら踊る

伝統芸能のアトラクションはマストで鑑賞したい。なかでも注目は、沖縄の年中行事で披露されるさまざまな芸能を、パレード形式で紹介する「道ジュネー」だ。エイサー演舞のほか、花笠と紅型衣装を身にまとった踊り手による華やかな舞、迫力とユーモアが共存する獅子舞など、見応え満点。最後は観客を巻き込んで「カチャーシー」と呼ばれる踊りが繰り広げられ、大きな盛り上がりを見せる。「道ジュネー」は10時からと16時からの1日2回、中央広場(雨天時はキジムナー劇場)で開催。

間近で見る勇壮なエイサーに大興奮間違いなし

ほかにも1日を通じて多彩なアトラクションを実施。エイサー演舞は「道ジュネー」の中でも楽しむことができるが、その他に1日3回行われている。琉球村のエイサー隊は大太鼓を中心に構成されており、観客との距離も近いため迫力満点。「ドンッ」と胸に響く大太鼓の音と共に、ダイナミックな踊りを堪能しよう。9時20分からの公演は中央広場(雨天時はキジムナー劇場)、12時と14時からの公演はキジムナー劇場にて行う。

琉球衣装レンタルをはじめとした体験プランは30種以上!

家族で琉球衣装を着て記念撮影。身長が120センチ以上あれば子供用のレンタルが可能だ
すべての画像を見る(8件)

琉球村は体験プランも充実。特におすすめなのが琉球王朝時代の衣装の着付け体験だ。「本格琉球貸衣装」体験プランは、着付け、写真1枚、衣装を着ての散策1時間が含まれ、料金は1人4000円。レンタルできる衣装は3種類あり、色鮮やかな紅型着物「あかばなー」、男性用の勇壮な「エイサー」、貫禄あふれる「三司官」が用意されている。

華やかな琉球衣装でおめかしを。思い出作りにもおすすめ

琉球衣装を着て園内を歩けば、自然と気分も盛り上がるはず。もちろん自分のカメラでの撮影もOKだ。
オリジナルのシーサーを作る体験も見逃せない。なかでも、あらかじめかたどられたシーサーに色を塗る「オリジナルシーサー色付け」(1300円)は気軽にチャレンジできるとあって人気が高い。その他に、土の塊から手びねりでシーサーを作る「手びねりシーサー」(3300円、ミニシーサーは2200円/送料別途)といったプランもある。

「リアル宝探し 大冒険ラリーハント」の体験イメージ

これらに加え、宝探しゲームや謎解き脱出ゲームを楽しめるのも琉球村の魅力だ。「リアル宝探し 大冒険ラリーハント」(650円)は、宝の地図を見ながら宝箱を探し出し、スタンプを集めていくスタンプラリー型のゲーム。すべてのスタンプを集め、最後の宝箱を見つけると、メダルと宝物カードがもらえる。幼児から小学校中学年のキッズにおすすめだ。

体験型の謎解き脱出ゲームにチャレンジ

「謎解き脱出ゲーム 時空超える琉球王国からの脱出」(1200円)は、昔の沖縄の風景が再現された、琉球村ならではの謎解き脱出ゲーム。かつて沖縄を統一していた琉球王国にタイムスリップしてしまった参加者が、妖精“キジムナー”から預かった宝の地図を頼りに謎を解き、現代に戻ることを目指すストーリーになっている。

有形文化財登録の貴重な古民家がズラリ!

国の有形文化財に登録されている旧島袋家。明治期に建てられた民家で、築年数は156年

さらに琉球村では、昔ながらの沖縄の町並みを楽しむこともできる。沖縄各地から移築された古民家は全部で10棟あり、そのうち8棟が国の有形文化財に登録。築100年以上のものもあり、最も古いのは築217年とか。祭祀・行事が行われていた建物「神アシャギ」もあり、当時の生活模様が忠実に再現されている。古民家から聞こえてくる三線の音色に耳を傾けながら、古き沖縄の暮らしに想いを馳せてみよう。

沖縄グルメやお土産もお任せ!入場無料の「沖縄の駅ちゃんぷるー」

琉球村のエントランスエリアにある入場無料のドーム型施設「沖縄の駅ちゃんぷるー」は、食事やショッピングを楽しめるスポット。沖縄そばやソーキそばといった代表的な沖縄料理と沖縄産の旬食材を使ったメニューをそろえる「きじむなあ食堂」や、特産品やTシャツ、お菓子などさまざまな品を取りそろえるショップ「ちゃんぷるー市場」などがある。

那覇空港から車で約60分!無料駐車場を用意

入場料は、大人(16歳以上)1500円、高校生1200円、小・中学生600円。体験プランはすべて入場料と別途になる。那覇空港から車で向かう場合のアクセスは、国道58号線を北へ30キロ、約60分で到着する。駐車場は無料だ。なお、那覇市内から路線バスで向かう場合は、名護行きの沖縄バスまたは琉球バスに乗り、「琉球村前」の停留所で下車しよう。
水梨かおる

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全8枚)

キーワード

ページ上部へ戻る