【関西つけ麺王子(4)】天神橋筋6丁目・つけ麺処 つぼや 「“麺六”を激戦区にした店!」の巻

2009年1月7日 21:30更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「ここ天六は、麺好きの間では“麺六”と言われてるんや」と、王子=シャンプーハット・てつじが向かったのは『つけ麺処 つぼや』。「麺六を激戦区にしたのはこの店やねん。つけ麺一本で勝負したことで、この街に火をつけてもうたんや…」。つぼやつけ麺(680円)は、店の奥で丁寧に作られる自家製の太麺を、トンコツベースのスープで楽しめる。「ほら、この味!一口食べてピーンと来たんや。これは東京の味やって」。確かにオーナーは東京の人気店で修業をされていたとの事。王子の実力を目の当たりにし、平伏するスタッフ一同(実は半信半疑だった?)。

「関西人はすぐ東京を否定したがるやん?それを承知でつけ麺一本で勝負する心意気は涙ものやわ。オーナーは天六に漂う麺オーラを察知して物件を選んだはずや。その嗅覚の凄さったらないで!」。

オーナーの「たまたまですよ」の声も届かず、冬空に王子の声が響き渡り続けるのであった…。

【関西ウォーカー編集部/薮 伸太郎】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る