【コロナ対策情報付き】江戸ワンダーランド日光江戸村の楽しみ方!東京から2時間で江戸の街へトリップ

2020年9月15日 00:18更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
江戸時代にタイムスリップした気分になれる「日光江戸村」


栃木県日光市にある「江戸ワンダーランド日光江戸村」は、約15万平方メートルの敷地内に、民家や商家、武家屋敷などが立ち並ぶ、江戸時代の街を再現したテーマパーク。今回はそんな日光江戸村の楽しみ方やおすすめのグルメ、基本情報を紹介しよう。


※記事内で紹介している展示やアトラクション、イベント、施設等は、休止・中止または内容が変更になっている場合があります。ご注意ください。

江戸ワンダーランド日光江戸村ってどんなところ?一歩足を踏み入れたら江戸時代の住人になりきれるスポット

「江戸ワンダーランド日光江戸村」は、約15万平方メートルの敷地内に、民家や商家、武家屋敷などが立ち並ぶ、江戸時代の街を再現したテーマパーク。一歩足を踏み入れれば江戸の暮らしが体験でき、まるで当時の住人になった気分を味わえるスポットだ。

広大な敷地のため、1日では満喫しきれないほどに見どころが満載の「江戸ワンダーランド日光江戸村」。まずは、訪れたからには体験してほしいおすすめポイントを紹介しよう。

【おすすめ1】体験プログラムで江戸の住人になりきろう!

リアルに再現された街の中では、ちょんまげ姿の侍に会ったりと驚きの体験ができるほか、三味線体験や江戸時代の装いに身を包む変身体験といったプログラムが用意されているので、簡単に街の中に溶け込むことができてしまう。

【写真】剣術や流鏑馬(やぶさめ)など、侍の修行を体験できる


数あるプログラムの中には無料のメニューもあり、「侍修行館」で行なわれる「侍修行」がその一例だ。13歳以上であれば誰でも参加でき、剣術や木馬に跨って矢を射る流鏑馬(やぶさめ)、刀の手入れ、侍言葉の練習をすることができる。体験希望者は侍修行館の入口で申し込みしよう。

13歳以下の子供におすすめなのは、5歳から参加できる「江戸職業体験」。こちらも無料プログラムで、忍者、捕物、新撰組(!)といった仕事を、簡単な修行から実践までを体験するというもの。江戸の街でそれぞれ与えられた任務をこなす子供たちの姿はシャッターチャンスの連続だ。

【おすすめ2】バラエティに富んだ芝居や伝統芸も必見


江戸時代の人々が芝居見物を楽しんだように、ここでしか見られない芝居やショーを毎日楽しめるのも魅力。手から高らかに水を舞い上げる伝統芸の「水芸座」や、忍者の忍術パフォーマンスを楽しめる「忍者からす御殿」、そして街中を練り歩く「花魁道中」は特に人気が高い。

園内が一気に華やぐ「花魁道中」は名物イベント


いずれのショーも公式サイトで公開日時をアップしているので、スケジュールを立てるときには必ずチェックしよう。

【回り方】おすすめの回り方はホームページのモデルコースをチェック!


広大な敷地にある「江戸ワンダーランド日光江戸村」。そのおすすめの回り方について広報担当に聞いてみると「公式ホームページ内におすすめ!江戸探索モデルコースが公開されておりますので、参考にしてみてください」とのこと。

特に身も心も江戸人になりきれる「江戸をまるごと体験コース」と、江戸時代、何より贅沢な娯楽とされていた芝居小屋をはしごする「芝居小屋めぐりコース」がイチオシとのこと。目的に合わせて、ぜひスケジュールを決めてみよう!

【グルメ】グルメスポットも多彩!おすすめは「かき揚げせいろそば」

園内には6つのグルメスポットがあり、それぞれの食事処で江戸らしいメニューを堪能することができる。

「かき揚げせいろそば」(税込1500円)

広報担当のおすすめは「日本そば 藪」で食べられる「かき揚げせいろそば」(税込1500円)。江戸の職人たちの社交場でもあったそば屋で、お皿いっぱいの大きなかき揚げと冷たいおそばに舌鼓して。

お土産探しに悩んだら「恵比寿屋」へ

江戸の町で過ごした楽しい時間を持って帰りたいならショッピングは忘れずに。「江戸ワンダーランド日光江戸村」では、7つのショップで個性的な江戸のお土産を買うことができる。

花魁のような美しさが手に入る(?)「花魁フェイスパック」

特におすすめは「花魁パック(1枚)」(税込390円)。自分用にはもちろん、お土産にも喜ばれるだろう。

【営業時間・料金】営業時間や入園料は事前に公式HPでチェック!

営業時間は、季節によって異なる。そのため、こまめに公式HP内の営業日カレンダーを確認しておくのがおすすめだ。

通行手形(入場料)は、個人や団体のほか、入園時間帯などでそれぞれ金額が設定されているので、事前に公式サイトでチェックしよう。お得なクーポンが用意されていることもあるので見逃さないように。

【アクセス】東京からのアクセスは電車で乗り換えなしの約2時間!

最寄りの駅は鬼怒川温泉駅。浅草駅からは東武伊勢崎線で、JR新宿駅と池袋駅、大宮駅からは直通特急「きぬがわ号」または「スペ―シアきぬがわ号」を利用すればそれぞれ乗り換えなし2時間強で行ける。鬼怒川温泉駅からは、タクシーか路線バスを利用しよう。

東京方面から車で行く場合は、東北自動車道宇都宮ICから日光宇都宮有料道路の今市ICを降り、国道121号線を鬼怒川温泉方面へ。約2000台の駐車場があり、普通車は1日800円で利用可能だ。


【新型コロナウイルス感染拡大予防対策】

・入園者数の制限をしている場合があります。
・館内への主な出入口に来館者用消毒液を設置しています。
・スタッフがマスクを着用している場合があります。
・館内清掃は抗菌洗剤を使用しています。
・その他、最新情報は公式サイトをご確認ください。

取材・文=於ありさ

<施設情報>
住所:栃木県日光市柄倉470-2
アクセス:【電車】東武鉄道鬼怒川温泉駅からバスで日光江戸村下車すぐ 【車】東北自動車道宇都宮ICから約15分
営業時間:3月20日~11月30日9:00~17:00、12月1日~3月19日9:30~16:00
定休日:水曜(祝日の場合営業)。GW、夏期、年末年始は営業。1月16日~31日は施設メンテナンス休村
駐車場:2000台 800円/日
料金:一日手形…大人(中学生以上)4800円 小人(小学生)2500円 シニア(65歳以上・要証明書提示)3360円 未就学児無料。手裏剣・矢場などの遊技場は有料。 午後手形…大人(中学生以上)4100円 小人(小学生)2100円 シニア(65歳以上)2870円 未就学児無料。14:00以降(冬期13:00以降)入村。手裏剣・矢場などの遊技場は有料

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※2020年9月時点の情報です。

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

ページ上部へ戻る