ゴスペル歌って国際協力♪

2008年8月3日 0:00更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

6/10にオープンしたゴスペルスタジオ「GOSPEL SQUARE(ゴスペルスクエア)」(東京都渋谷区)は、初のステージコンサート「JAPAN GOSPEL FESTIVAL」を9/6(土)に開催することを決めた。

「ゴスペルスクエア」はメンバー会費の一部をラオスの貧困家庭へ奨学金として送金しており、メンバーはゴスペルを歌いに来ることで国際協力ができるというユニークなスタジオ。オープン1か月で約150名の会員が集まった。インストラクターはみな現役のゴスペルシンガーで、ボイストレーニングやワークショップなどを行っている。今回のステージでは、会員とともにゴスペルシンガーのナナ・ジェントルさん(ゴスペルスクエア代表)も参加し、「Joyful Joyful」や「Joy」などの名曲を披露する。

ジェントルさんは「私たちの活動“ゴスペルで国際協力”に興味を持ってもらえるきっかけのコンサートになれば。仲間も随時募集しています」と話した。【東京ウォーカー/片岡研】

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る