レイヤーの日本代表!「コスプレサミット2011」最終審査進出チームとは

2011年7月9日 14:50更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

8月6日(土)に、名古屋で開催されるコスプレのビッグイベント「サンシャインサカエ・プレゼンツ・WCS2011 日本代表選考会」。先日、その最終審査に進出する通過者7組が決定。美しきコスプレイヤーたちが勢ぞろいしているので、今回は選出されたメンバーたちのパーフェクトな応募写真をご紹介しよう。

まずは、名古屋在住のグラマラスコンビ「miraa&kon」から。コスプレ歴5年のmiraaさんとコスプレ歴7年のkonさんは、清楚&ドレッシーな衣装で応募写真を撮影。2人は、「モデルやタレントのように『コスプレイヤー』という職業を作ることが夢です」と、高い志しの持ち主だ。世界コスプレサミットには2年前から一般参加しているそうで、「今年こそステージに立ちたい」と、今回は去年の世界コスプレサミット終了後から入念に準備。「日本文化のコスプレを大いに盛り上げたい」と意気込んでいる。

また、クラシックな雰囲気で応募写真を作成したのは「みつる&つかさ」。2人は共に、演劇などの舞台経験者だ。今回は「コスプレは作品作り」という想いで、アートセンスを炸裂させてくれるので、その世界観に注目!「コスプレでのパフォーマンスは始めたばかりですが、全力で頑張ります」とコメントを寄せる2人を応援しよう。

ほかに、日本スケート連盟所属のスピードスケート選手だという「8マン(エイトマン)」そっくりの坂本浩一さんや、「初音ミク」のコスで攻めた「三振」「switchON!」の2組など、代表たちの華やかなビジュアルは圧巻。衣装やフォトの完成度の高さは一見すべし!

ちなみに、世界コスプレサミットは、03年に名古屋市でスタート。世界中のコスプレイヤーが一堂に集結するとあり、注目度大なコスプレイベントとなっている。しかも、毎年、各国代表によるパネルディスカッションや撮影会など、さまざまな催しが行われているが、今年は参加する国が過去最大となる世界17か国で、規模は今まで以上にビッグ! 特設Twitterでは、日本代表たちの準備の様子が報告されているので、そのエキサイティングぶりもぜひチェックしてみて。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全11枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る