ナイアガラ大瀑布は空にも掛かる!

2011年7月22日 18:26更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

打ち上げ花火だけではなく、仕掛け花火の迫力もまた違った楽しみがあるもの。

その代表格といえば「ナイアガラ」だけど、滝とはいってもそこは花火、ナイアガラが水上だけの仕掛け花火とは限らない。

「熱海海上花火大会」(静岡)では、「大空中ナイアガラ」がフィナーレの名物となっている。実は連発で打ち上げるスターマインも仕掛け花火の一種。

このスターマインを複数設置して同時に打ち上げるものを特に「ワイドスターマイン」と呼ぶが、熱海海上花火大会ではこれを打ち上げ会場全域に渡り設置、銀冠菊、銀菊などをワイドに一斉掃射することで周囲が真っ白になるほどの大瀑布が空中に現れる。

なお、通常の水上ナイアガラでは、全国区の知名度を誇る「諏訪湖祭湖上花火大会」(長野)のフィナーレで披露される、全長約2kmの「大ナイヤガラ」が有名。

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る