日本初の旗艦店がオープン!イタリア発のMillefiori表参道店

2008年8月6日 17:14更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

8/23(土)、イタリア発のエアーデザインブランドMillefiori(ミッレフィオーリ)の日本初のフラッグシップショップ、Millefiori表参道店(東京都渋谷区)がオープンする。

「千の花」という意味を持つMillefioriのブランドコンセプトは、インテリアの一部として空間の香りをデザインする“エアデザイナー”。1994年イタリアのミラノで創設され、世界初の黒いキャンドルや香りつきのキャンドルを発表するなど、画期的なフレグランスを次々と発表してきた。現在、取り扱う香りは16種以上に及び、アロマリキッドに木製のスティックを浸して香りを広げるディフューザータイプをはじめ、バーナーで香りを焚くワックスタイプや、ストーンやポプリなどさまざまな形がある。イタリアの大手百貨店やアルマーニ、バレンティノなどのトップブランドともコラボレーションしており、シーズンごとに立ち上げる豊富な新作ラインも人気。

表参道店では、ミラノ本店と同様にフルラインを取り扱う。カラーバリエーションが豊富な同ブランドの定番といえるシンプルライン「Naturalシリーズ」のほか、今まで取り扱いの少なかった重厚な香りが特徴の「Selectedシリーズ」、フェミニン&ラグジュアリーがコンセプトの「Zonaシリーズ」が日本での本格展開となる。【東京ウォーカー/町田拓郎】

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る