銀塩ならではの美しさ!「写真で旅する世界遺産」展が開催

2009年2月19日 12:30更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

FUJIFILM SQUARE 1Fギャラリー「PHOTO IS」(東京ミッドタウン)で、2/27(金)から「写真で旅する世界遺産」展が開催される。

この写真展の魅力はなんといっても、“銀塩プリント”ならではの、美しく迫力ある写真の数々。デジタルカメラとはひと味違った表現力で世界遺産の数々を見せてくれる。

参加する写真家もそうそうたるメンバー。水越 武氏や関野吉晴氏、三好和義氏などが、数ある世界遺産の中から選りすぐりのポイントを撮影している。

展示は“屋久島”や“ガラパゴス諸島”などの「自然遺産編」と、“イスタンブール歴史地域”などの「文化遺産編」の2部構成。第一部は2/27(金)〜3/25(水)、第二部は3/27(金)〜4/27(月)の開催だ。

人類の創造性を感じさせてくれる遺跡や建造物の数々は、特別な美しさを持ったひときわ優れた被写体でもある。“表現力豊かな世界遺産”を、一部二部あわせて100点たっぷり堪能できるチャンスなのだ。

また、期間中、出展者によるトークショーや、抽選で出展作品のオリジナルプリントなどが当たる世界遺産にまつわるクイズ等のイベントも随時実施される。この写真展で、数々の世界遺産めぐりを楽しみに出かけてみてはいかがだろう?【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る