花粉症の最終手段!“必死ニーズ”グッズって?

2009年2月14日 13:20更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

春一番も吹き、とうとう本格的な花粉症シーズンに突入! そこで、今回注目したいのは“必死ニーズ”。

この“必死ニーズ”、聞きなれない言葉だが、要は「何が何でも、花粉を近づけないようにする努力」のこと。市販薬を飲んだり、病院で注射を打ったり、体質改善に努めたりと色々手を打つが、なにせ花粉症は手強い。そこで時には見た目も気にせず、マスクや帽子などでフル装備し、少しでも花粉をブロックしようとする。このような行動や努力こそが“必死ニーズ”なのだ。

「目のかゆさが少しでも収まるなら…」「ちょっとでも油断するとくしゃみが止まらないから」など、編集部の花粉症軍団も、終日マスクやメガネを手放さない。まだ発症していない記者からすれば、その姿はまさに“必死”。そんな彼らのためにも(?)、“必死ニーズ”に応えた「花粉症対策グッズ」の売れ筋アイテムを探ってみた。

■進化する花粉対策メガネ 「スカッシーシリーズ」(1575円〜)

花粉対策の為に開発された「スカッシーシリーズ」。フィット感を高めるためツルを自由に調節可能にしたり、くもり止めコートを施すなど、ユーザーの意見から毎年進化を続ける同シリーズ。メガネ派のニーズにも着目し、普段使っているメガネにフード(レンズとツルの間)をつけるだけの、「スカッシー メガネつけたまま」(2520円)も登場。いつものメガネのまま花粉ブロックができると話題だ。

■80%以上の花粉脱落率!「花粉プロテクトコート'09」(2万7300円〜)

「ボランバリア(R)V」という素材を使うことで、80%以上の脱落率に成功。外出から戻ったとき、コートをサッと振るだけでほとんどの花粉が落ちるので、家に花粉を持ち込まずにすむ。むしろ必死にならずとも花粉除去に成功できそうだ。花粉防止だけでなく「はっ水機能」や「UVケア」、専用ポーチで持ち運べる「利便性」など超機能的。発売して間もないが、すでに昨年の2倍以上売れているという。

■花粉対策といえばマスク! 「超立体マスク 花粉用スーパー」(オープン価格)

マスクを活用中の人は多いだろうが、必死な人にオススメなのが「超立体マスク 花粉用スーパー」だ。顔にぴったりとフィットする立体構造で、顔まわりのスキマを低減し大幅に花粉をブロック。スキマができやすい鼻部には「ノーズフィット」という、変形する仕組みを使い、花粉の侵入を全面遮断。シリーズ全体で売上げが昨年の5割増というヒット商品なのだ。

異常ともいえるこの暖かさで、一気に花粉が飛び始めた今年のバレンタインデー。“あの辛さ”に比べたら見た目などなんのその! 花粉症の人は、今こそ“必死の花粉対策”がオススメだ。 【東京ウォーカー/安藤真梨】 

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る