日本でココだけ! 多摩動物公園でユキヒョウの赤ちゃんが話題

2008年8月13日 0:59更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

希少動物・ユキヒョウの赤ちゃん3頭が、多摩動物公園(東京都日野市)で公開されている。生まれたのは4/18。いずれもオスで、名前は「ハン」「コハク」「スオウ」。6月中旬から公開を始め、現在は毎日9:30〜13:30までユキヒョウ舎の大放飼場で見ることができる。最近では肉を食べ始めるなど、すくすくと成長中だ。夏場は比較的涼しい朝10:00ごろなら、元気にじゃれる3頭が見られるかも。

同園では、8月の土曜日(8/16、23)に「サタデーナイトin TamaZoo」を開催中だ。通常17:00までの営業を20:30まで延長。園内を走るライオンバスやキリン号を展示する「動物園の働く車大集合」や、飼育係のコスチュームを着ることができる「飼育係になろう!」など、さまざまなイベントで盛り上げる。【東京ウォーカー/白石知沙】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る