富岡八幡宮に奉納されている 超豪華なセレブ神輿とは?

2008年8月13日 11:05更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

8/13(水)〜8/17(日)に開催される江戸3大祭りの一つ、富岡八幡宮例大祭(通称“深川八幡祭り”)。祭りが行われる富岡八幡宮(東京都江東区)に、超豪華なセレブ神輿があるのをご存知だろうか? 

高さ4メートル39センチ、屋根幅2メートル89センチ、重量4.5トンのこの神輿はなんと24キロの純金を使用。神輿の頂点に配された鳳凰の目には4カラット、胸には7カラットのダイヤが使われているのだ。さらに狛犬や小鳥の目にもダイヤが。龍をかたどった隅木の目にも1カラットのダイヤが埋め込まれているほどの豪華さ。これは平成3年、佐川急便の佐川清会長(当時)が奉納したもので、その大きさと重さゆえに奉納時の渡御以来、担がれたことはないとか。

9:00〜17:00まで境内に展示されているので、祭りに出かけた際にでもじっくりご覧あれ。その輝きにびっくりすること間違いなし!【東京ウォーカー/オオトウ アヤ】

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る