和歌山電鉄貴志川線の新名物!ネコの「たま駅長」が電車になった♪

2009年3月3日 14:21更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

和歌山駅と貴志駅を結ぶ、全長約14km(所要時間約30分)の和歌山電鉄貴志川線。貴志川町特産のイチゴをモチーフにした「いちご電車」や、車内でカプセルトイも購入できる「おもちゃ電車」など、他にないかわいい車両が目白押し! さらに終点・貴志駅の改札では、ネコの“たま駅長”が待つことでも知られ、人気を呼んでいる(たま駅長は日曜休み)。

そんな日本一楽しいローカル線に、新しい仲間が加わることになった!

その名も「たま電車」。ネコのたま駅長をモチーフにした新型車両だ。正面から見ると、たま駅長の顔さながらのデザインで、車体にはキュートなポーズをとる、駅長のイラストでいっぱい。車内には一般公募で集められたイチゴ、ネコ、イヌの絵本や書籍が読める「たま文庫」が設置される予定なので、ローカルな列車旅をさらに楽しいものにしてくれるはずだ。

3/21(土曜)から運行予定。和歌山駅〜貴志駅間が1日乗り放題になる1日乗車券(650円)もあるので、この春、メルヘンな小旅行に出発しよう!

【関西ウォーカー編集部/薮 伸太郎】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る