am/pmと麻布の名店がコラボした“本格パスタ”実食レポ

2009年3月26日 17:49更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

イタリアの本格パスタとして日本でもファンの多い「バリラ」を使用した本格コンビニパスタが登場した。その商品はエーエム・ピーエムが東京・麻布のイタリアンの名店「ダノイ」とコラボしたもの。同社の看板メニュー「とれたてキッチン」15周年を記念して3/25より発売された「キャベツとツナのぺペロンチーノ」(430円)を早速食べてみた。

このパスタ、「ダノイ」の名物メニュー「キャベツとアンチョビのスパゲティ」をアレンジしたものだという。オリーブオイルが別添の袋に入っている点に“本気度”が伺える。

ニンニクとオリーブオイルのソース「アーリオオーリオ」で味付けしたスパゲティにオリーブを混ぜていよいよ実食。茹でキャベツと麺にツナとソースがほどよく、アンチョビの風味がアクセントになってうまい。さすがシェフの小野清彦氏と共同で試行錯誤を繰り返して開発したというだけのことはある。ちなみに記者はコンビニ・パスタが主食なのだが、キャベツの食感など、コンビニパスタとしてはなかなかのクオリティだ。

約1か月を目安に店頭で販売されるという名店との超本格コラボ企画。4/1(水)からは「ダノイ」の「ミルク入りミートソース」をアレンジした「牛ほほ肉入りラグーソーススパゲティ」(460円)も発売されるという。まずは“キャベツスパゲティーの元祖”ともいえる名店の味をお手軽に味わってみてはいかが?【東京ウォーカー/中道圭吾】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る