売上世界2位、「H&M」日本進出で銀座が変わる!

2008年8月24日 23:51更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

相次ぐ大型商業施設の誕生により日々進化を続ける銀座で、ことし最大の話題といえば9/13(土)にオープンするGINZA gCUBE(ギンザ ジーキューブ)。そう、あの超人気アパレルブランド「H&M」が待望の日本第1号店を出店するのだ。

H&Mはニューヨークやパリ、ロンドンなどのストリートファッションシーンで高い支持を得ており、これまで日本国内ではごく一部のセレクトショップでしか手に入らなかった。モード、カジュアル、フォーマル、トラディショナルなど多彩なデザインラインを展開。リーズナブルでありながらハイクオリティと、世界中のセレブをとりこにしている。銀座への初上陸を皮切りに、今後は11/8(土)に原宿、09年秋には渋谷に旗艦店がオープンする予定だ。

超人気ブランドなのに、手の届く値ごろ感。このギャップが「本物だけど、高い」という銀座のイメージを変え、新潮流となるか。【東京ウォーカー/高柳舞】

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る