9/13(土)日本初出店、「H&M」ってどんなブランド?

2008年8月26日 13:42更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

GINZA gCUBE(東京都中央区銀座)で9/13(土)に日本1号店をオープンする「H&M」。店に行く前に、世界を席巻するこのブランドについて予備知識を蓄えておこう。

「H&M」は1947年にスウェーデンで創業。ドイツやイギリス、フランスなどヨーロッパ各国に店舗を広げ、00年以降は北米や東欧、昨年にはアジア初として香港店をオープンした。08年は日本以外にも、エジプトとサウジアラビアですでに出店。現在29か国約1600店舗を展開し、売上高はGAPに次いで世界第2位を誇る。

日本では9月の銀座店オープン後、11/8(土)に原宿、09年秋には渋谷に旗艦店オープンを予定している。

H&Mの最大の魅力は、新商品が“毎日”入荷すること。約100名のデザイナーが生み出す商品は、ハリウッドセレブも愛用するほどのクオリティだ。11月には「コム・デ・ギャルソン」の川久保玲氏とのコラボアイテムが登場。銀座店では、世界でもごくわずかな店舗でしか販売しない新メンズライン「MAN TREND」も展開するなど目が離せない。【東京ウォーカー/高柳舞】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る