サッカーワールドカップの記念切手が発売

2014年3月17日 20:33更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

6月12日(木)からブラジルで開幕となる、2014 FIFAワールドカップ。日本を含めた計32ヶ国(地域)が参加し7月13日(日)の決勝まで熱戦が繰り広げられる。日本郵便株式会社はそれを記念して、5月12日(月)から日本公式記念切手「FIFA ワールドカップブラジル2014」を全国の郵便局などで販売する。

デザインは同大会公式のトロフィー、公式マスコットのフレコ、公式エンブレムをあしらった3種類。4月1日(火)からの増税にともない、82円普通切手3枚つづりのシートとなる(1シート246円)。開催地のブラジル・リオデジャネイロにちなみ、シートの余白にマラカナンスタジアムやリオデジャネイロの夜景なども印刷されている。

大会の開催時期に合わせ、ゆうちょ銀行店舗・郵便局窓口(簡易局を除く)で、大会公式球のレプリカ展示など、大会を応援するオリジナル企画も順次実施される予定だ。

1930年の第1回開催から20回目の節目を迎える本大会。現地に駆けつける人も、日本で応援する人も、記念にいかがだろうか。

また、4月からの新料金への移行にともない、はがきの52円、封書(定型)の82円など新切手が発売に。さらに現在の切手の差額分に対応できる「2円切手」が、2002年の発売中止以来、11年半ぶりに新デザインで復活した。北海道に生息するエゾユキウサギが可愛いと話題になっている。【Walkerplus】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る