サッカーW杯、約8割が日本の決勝トーナメント進出を予想

2014年5月13日 18:19更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

楽天が運営する楽天totoは、2014年6月にブラジルで開催されるワールドカップに関する調査を実施。全国の20~69歳の男女計1000人を対象に調査したところ、全体の約8割が日本の決勝トーナメント進出を予想していることが分かった。

今回の調査は、4月25日から4月28日の4日間、楽天リサーチに登録しているモニターに対して実施された。その結果「ワールドカップの優勝国予想」で1位になったのは、開催国の「ブラジル」(48.0%)。続く第2位は「スペイン」で全体の8.7%が優勝を予想、日本は3番目(7.1%)に票を集め、自国の躍進に期待が集まる結果となった。さらに、「日本チームはどこまで勝ち進むと思いますか」という質問には、全体の77.5%が「決勝トーナメント進出」と予想。

また、「日本代表で活躍してほしい選手」で1位だったのは、マンチェスター・ユナイテッド所属の香川真司選手(31.3%)。続く2位はACミラン所属の本田圭佑選手で28.4%。3位はインテル所属の長友佑都選手で21.6%となり、海外の名門クラブに所属する選手の活躍が期待される結果となった。なお、Jリーグのクラブに所属する選手のうち最も活躍してほしいとされる選手は、セレッソ大阪所属の柿谷曜一朗選手で、7.2%だった。

ちなみに、「活躍してほしい海外の代表選手」についても聞いたところ、1位にメッシ選手(25.8%)、2位にネイマール選手、3位にクリスティアーノ・ロナウド選手がランクインした。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る