劇団四季「夢から醒めた夢」に原作の赤川次郎さんが来場!

2008年8月27日 16:20更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

8/19、劇団四季オリジナルミュージカル「夢から醒めた夢」を、原作者である作家の赤川次郎さんと、各出版担当者が観劇した。

ことし還暦を迎え、オリジナル著作数がついに500作を突破した赤川さん。来場した担当編集者は9社32名に上った。これだけ多くの編集者が一同に会するのは、日本を代表するベストセラー作家ならでは。公演終了後には、舞台上で赤川さんとキャスト陣との交流会が行われ、赤川さんはミュージカルの感想や、自身の作品に対する思いを語った。

「夢から醒めた夢」は、赤川さんの同名絵本を舞台化。霊の世界に憧れるピコと、交通事故で命を落としたマコ。2人の少女の姿を通して、愛と命の尊さ、生きることの意味と喜びを描き出していく。

劇団四季「夢から醒めた夢」東京公演は、08年9/21(日)まで、四季劇場[秋](東京都港区)にて上演される。【東京ウォーカー/本村鮎美】

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る