ワンタンメンにパスタにご当地ラーメン!エースコックから注目の新作カップ麺が続々登場

2014年6月25日 15:19更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

エースコックでは、7月21日(月)から、同社のキャラクターを起用した「こぶたのワンタンメン」(税別170円)を新発売する。当商品は、袋麺で人気を博しているワンタンメンの味わいを、手軽に食べることのできるタテ型カップで再現した。ポークベースに鰹だしと香味野菜の旨みを加え、ほんのり松茸の風味を効かせたタンメンスープが特徴。パッケージには、 “こぶた”を前面に大きく描き、愛らしくもインパクトのあるデザインに仕上げている。

また、国民的人気キャラクター、くまモンとコラボレーションした「くまモンの熊本ラーメンだモン!」(税別170円)を7月21日(月)にリニューアル発売、「くまモンのベジスープパスタだモン!」(税別160円)を7月28日(月)に新発売する。“熊本県の営業部長”くまモンは、誕生から2013年までの経済効果が1244億円にも上るとされ、関連商品が次々に発売されるなど人気のキャラクター。

「くまモンの熊本ラーメンだモン!」は、今回新たに“くまモンのなると”を加え、黒マー油でコクを出したラーメンだ。今回新たに発売される「くまモンのベジスープパスタだモン!」は、「くまもとの赤」ブランドの代表で日本一の生産量を誇る熊本県産のトマトをスープに使用し、夏にぴったりのあっさりトマト風味のスープパスタとなっている。

さらに、7月21日(月)には、本格感と食べ応えが魅力の「エースコックの多加水麺ぶっかけらぁ麺 大盛り」(税別230円)を新発売する。本商品は、湯切りしためんにスープをからめる新感覚の美味しさで、新開発した大盛りの“もちもっち麺”のコシと風味を楽しめる本格的なラーメン。魚粉とゴマの入った別添ふりかけで仕上げることにより、ラーメン店のような美味しさと食べ応えを演出している。

さらさらに、7月28日(月)に、ご当地最前線シリーズより「ご当地最前線 函館しおラーメン」(税別190円)を新発売。当シリーズは、根強い人気を誇るご当地ラーメンをテーマとし、現地での最前線の味わいを再現したシリーズ。「函館しおラーメン」は、鶏をベースとし、魚介の風味を加え、薫り高い鶏油と香味油で旨みを効かせたスープで、現地の最旬トレンド“香味油”感をポイントにしている。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

特集

ページ上部へ戻る