くまモンのライバル!?ころう君がKADOKAWAへやってきた!

2014年7月14日 12:40更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

熊本県山鹿市にある、古代山城の鞠智城(きくちじょう)。そのイメージキャラクターを務めるころう君が、KADOKAWAへやってきた!

頭に乗っている八角形鼓楼(はっかっけいころう)と、つぶらな瞳が特徴のころう君。自らのホームページで「チャームポイントは“かわいい笑顔”」と紹介しているだけあって、振りまく笑顔は愛嬌たっぷり!オフィスへ入った瞬間、女性はもちろん、男性からも「わぁ、かわいい!」という声が上がり、一気に和やかなムードに包まれた。

まず頭の八角形鼓楼を深々と下げて一礼!城を守る“さきもり”のころう君はとっても礼儀が正しいのだ。

今回来訪した目的は、7月27日(日)に東京の明治大学で開催されるイベント「鞠智城東京シンポジウム」のPR。「シンポジウムは『律令国家の確立と鞠智城』というテーマで行われ、明治大学や東洋大学の文学部教授等の公演が無料で聞けます。興味がある人は是非参加してください」と、“ころう隊”として同伴した付添人の長塩さんと、元気に手を振ってアピールした。

「鞠智城の魅力を一言で表現するなら?」というKADOKAWA社員からの質問に対して「のっびのびと走り回れることだコロ!」と、鞠智城の広大な土地を走り回る様子を身振り手振りを交えて表現。「熊本県のキャラクターといえば大人気のくまモンがいますが、ころう君との関係は?」という質問に対しては「くまモンとは、とっても仲良しなお友達だコロ。でもたまにくまモンの人気にヤキモチを焼くことはあるコロよ」と、くまモンに対するライバル心も覗かせた。

オフィスを一通り回り終え、最後にまた深~いお辞儀。その丁寧な姿勢には、KADOKAWA社員も感動!

夏のお出かけの予定がまだ決まっていない人は、ころう君が待つ鞠智城へおでかけしてみては?【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る