マツタケも!バーミヤンが秋の味覚キノコを使った料理を期間限定販売

2014年8月29日 16:22更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

すかいらーくが展開する中華レストランのバーミヤンでは、8月28日(木)より、マツタケ、シメジ、マイタケ、エリンギなど、秋の味覚キノコをたっぷりと堪能できる「秋穫フェア」を開催。秋の味覚の王様・マツタケなどキノコの本格中華ならではの調理法、美味しい食べ方を提案し、「食欲の秋」にふさわしい、見て、食べて、楽しむことを目的としてメニューが考案された。

「松茸香る上湯スープチャーハン~XO醤添え~」(税別729円)は、高級食材であるマツタケを使って、季節感を出すとともに人気のスープチャーハン仕立てに。まずは、そのままレタスチャーハンとして食べ、次に別添えのXO醤を入れて、最後にマツタケが香る上湯スープを注いで、と3つの味の変化を楽しむことができる。

「薄切り牛肉と松茸入り3種キノコの幅広麺」(税別729円)は、もちもち食感の幅広麺、醤油ベースのスープに牛肉と松茸の入った3種類のキノコをオイスターソースで炒めた具材をトッピング。好みでゆず胡椒を入れることもできる。幅広麺とは、中国の陝西省で一般的な幅広の麺で、日本のうどんに似たもちもち食感が特徴の麺。バーミヤンで自社製造している。

「ズワイ蟹と帆立とキノコのクリーム土鍋煮込み」(税別629円)は、海鮮とキノコ、ハクサイをじっくりとクリームソースで煮込んだ帆立の旨みたっぷりの土鍋煮込み。海鮮の味が染み込んだクリームソースに花巻(1個税別100円)をつけて食べると、違った味わいを楽しむことができる。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る