六本木の天空を魚が泳ぐ、新スタイルミュージアム発見!!

2008年7月18日 0:00更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(東京都港区)では、7/18(金)〜9/28(日)の期間限定で「スカイ アクアリウムII with ペリエ カフェ」を開催する。

ここでいうアクアリウムとは、熱帯魚やサンゴなどを用いて水槽の中につくるアートな水中世界のこと。海抜250メートルの都会の空を背景に、趣向を凝らしたアクアリウムを楽しめるのが魅力だ。

見どころは「パラダイス・フォール」。静かに水があふれる水槽を階段状に重ねて滝を構成。中では10数種のクマノミなど約3000匹が泳ぎ回り、最上段の水槽を裏側からのぞくとまるで魚が空中を泳いでいるように見える。また「アート・アクアリウム・ギャラリー」では、アクアリストと呼ばれる職人が水槽を水彩画などに見立てて飾りつけた作品を展示。

ほかにも金魚が屏風型水槽の中を泳ぎ回る「ジャポニズム・ギャラリー」、高層ビルの屋上でパラオの海に生息するサンゴの人工養殖に挑戦する「コーラル・ファーム・プロジェクト」など、全6部屋で構成。会場隣には期間限定で「ペリエ カフェ」がオープンし、ペリエにリキュールや果汁を合わせたオリジナルカクテルが味わえる。【東京ウォーカー/中道圭吾】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る