ベストジーニストでフェンシング王子、太田雄貴選手が受賞!

2008年9月2日 1:18更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

9/1、日本ジーンズ協議会が主催する「ベストジーニスト2008」の授賞式がエプソン品川アクアスタジアム(東京都港区)にて行われた。一般選出部門でともに3年連続で選ばれた亀梨和也さんと倖田來未さん、協議会選出部門からは北京オリンピック銀メダリストの“フェンシング王子”こと太田雄貴選手も登場し、会場を沸かせた。

ことしで25回目を迎える同賞は、木村拓哉さんや浜崎あゆみさんなどジーンズが似合うファッションリーダーに贈られてきた。3度目の受賞となった亀梨さんは「ふだん着のジーンズ姿のままでこの会場に来たので、逆にいつも以上に緊張している」とコメント。「ずっと(ベストジーニストが)ふさわしいと評価される存在でありたい」と、殿堂入り(5度受賞)に意欲を見せた。

「いつもはジャージで過ごしているので、なんで選出されたのかわからない」と戸惑う太田選手は、「受賞者はおしゃれな方ばかり。僕も負けずに休日はジーンズを着て遊びに行きたい」と抱負を語った。

協議会選出部門では、ほかにモデルの杏さん、デザイナーのコシノヒロコさん、国際部門で韓流スターのソ・ジソブさんが選ばれた。【東京ウォーカー/中道圭吾】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る