北陸がブーム!中川翔子が「金沢女子旅」を体験

2015年3月20日 13:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

北陸新幹線が開業し、盛り上がりを見せる金沢。“食あり、古き良き街あり、アートあり”で、欲張りな女子旅を叶えてくれるスポットだ。

今回は、タレントの“しょこたん”こと中川翔子が、心も体も大満足な、1泊2日の金沢乙女旅を体験!

「アラサーを目前にして、先日、初めて京都一人旅を決行したんです。事前にいろいろ調べてまわったんですが、金沢は絶対またこのコースを巡ってみたいですね。今度は母を連れて来たい」と、再訪を誓うほどテンションが上がったようだ。

しょこたんが石川県金沢市で欲張りな女子旅を楽しんだ!

しょこたんが石川県金沢市で欲張りな女子旅を楽しんだ!

すべての画像を見る(10件)

近江町海鮮丼家 ひら井で「特選海鮮丼」(2900円)を堪能!

近江町海鮮丼家 ひら井で「特選海鮮丼」(2900円)を堪能!

初日は午前中に、“金沢の台所”と呼ばれる近江町市場の近江町海鮮丼家 ひら井で「特選海鮮丼」(2900円)を堪能した。

「トロ、ウニ、イクラ…さらに金箔までのってオシャレ!生きる喜びって、おいしいものに出会うことだって改めて実感しました」とにっこり。

21世紀美術館にて。「自分の好きなペースでまわれる美術館。ドタバタな毎日から解放されます」

21世紀美術館にて。「自分の好きなペースでまわれる美術館。ドタバタな毎日から解放されます」

休憩は創作メニューも揃うPATISSERIE OFUKUで

休憩は創作メニューも揃うPATISSERIE OFUKUで

午後は、日本三名園の一つ、兼六園と、金沢城を復元した金沢城公園で“日本の美”を体感し、市内の中心に位置する21世紀美術館でアートに触れた。

「21世紀美術館は、足を踏み入れた瞬間、脳みそが万華鏡みたいな感覚になりました。すごく落ち着く真っ白な空間で、広々としているから、ドタバタな毎日から解放されるというか…心の切り替えができる場所でしたね。近所にあったらいいのになって思います」。

「ホテルの部屋もステキだった」と、宿泊したニューコンセプトホテル、ホテルトラスティ金沢 香林坊を絶賛。

フラワーアーティストのYUKOBITOが手掛けた、花と緑で装飾したアーティフィシャルフラワールーム(限定2室)は、女性の心をくすぐる内装が自慢だ。「お花の香りに包まれていて、ふかふかの布団で、安心できる雰囲気。幸せな気分になれます」と、しょこたん。

2日目は、歴史的な建物が連なるひがし茶屋街からスタートした。約100種類の着物を貸し出し、着付けもしてくれる店、金沢 着楽々(きらら)で、アンティーク着物をレンタルして、はんなり街歩き。「歴史があって、上品で情緒がある街を着物で歩けるなんて最高です!」と盛り上がった。

その後は、金沢ゆかりの若手作家によるクラフト作品などを集める店、玉匣(たまくしげ)で、かわいい九谷焼をチェック!

午後は、老舗のお麩屋さん、不むろ茶屋でランチを楽しんだり、伝統工芸を体験したり、充実した時間を過ごした。最後は、旅のシメとして、金沢駅構内で土産を購入。

しょこたんは、金沢の魅力について、「おいしいものに出会えて、情緒あふれる街を楽しめて、美術館でものんびりできる…心も体も回復する、本当に絶妙な街でした」と大満足の様子。

「特にご当地のおいしいものに出会えて、お店の人も自信を持って勧めてくれるのを見て、この街は間違いないなって確信しましたね」と、女子的要素満載の金沢女子旅について振り返ってくれた。【東京ウォーカー/記事提供=ウォーカームック「金沢女子旅」】

※記事の内容は、ウォーカームック「金沢女子旅」から一部抜粋、再構成したものです

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る