全国からファンが集結する金魚まつりとは?

2015年6月25日 15:30更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

日本の金魚三大産地の一つとして数えられる江戸川区。

そんな金魚のふるさと・江戸川区の夏の風物詩である「第44回江戸川区特産 金魚まつり」が、7月18日(土)・19日(日)の2日間にわたり行船公園で行われる。区民はもちろん、全国から金魚ファンが訪れる金魚界最大級のビッグイベントだ。

金魚すくいは高校生以上1回100円、中学生以下無料とリーズナブル


江戸川区は、明治時代に金魚の養殖が始まり、昭和初期には年間5000万匹もの金魚が生産されていた。現在は業者の数こそ減ったものの、いまだに全国トップクラスの品質を誇っている。

祭りでは、20種類以上の金魚の展示即売コーナーをはじめ、伝統工芸品の「江戸風鈴」「つりしのぶ」、江戸川区特産の小松菜関連商品などの販売も行われる。

また、金魚すくいでは2日間で2万匹もの金魚が用意されるほか、1回500円、1日500匹限定の高級金魚すくいも。さらには、「キンギョリンピック」と称した金魚すくい大会も行われる。

まさに、金魚づくしの2日間。童心に帰って、金魚とたわむれてみてはいかがだろう。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

ページ上部へ戻る