ぬり絵に続くブレイクなるか!?新登場「ラベルアート」の魅力

2009年5月15日 19:00更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

数年前に“大人のぬり絵”が大ブレイクして以来、大人の趣味系アート商品はすっかり定着した感があるが、新たにおもしろいアイテムが登場した。

それはニチバンプリントが5/1よりWEB限定販売を開始している「ラベルアート」。小さな丸いシールをいくつも貼り付けることで、世界の名画を再現できる、新しいタイプのアートグッズだ。

「下絵の番号に合わせて点描のようにシールを貼っていくだけで、ゴッホの『ひまわり』などの名画が再現できます。塗り絵と違い、手先が汚れる心配がないので、幅広いシーンで利用してもらえると思います」と同社の広報担当。貼り付けるシールは3〜16mmで、指先を使うので脳トレにもなるという。

この商品を監修したのはセロハンテープのみで個性的な造形物を生み出す「セロテープアート」を手掛ける瀬畑亮さん。ゴッホのほか、セザンヌや葛飾北斎などの名画を、それぞれ11〜41色のシールを使うこと微妙な色合いを再現できるようにしたという。

「作品はA4サイズ(210×297mm)。出来上がった作品を額に入れて気軽に名画鑑賞を楽しんでほしい」(広報担当)というこのアート。気になるお値段は、ゴッホの「ひまわり」など3作品が3130円で、さらにピンセットや額、ラベルスタンドが付くスターターキット(5250円)も用意されている。ちなみに初めての人はピンセットが付いたA5サイズ(148×210mm)のおためしキット(1260円)がオススメという。

一作品におよそ3000〜5000のシールが入り、早い人なら10時間くらいで完成するという「ラベルアート」。この新しいアートに、一度チャレンジしてみてはいかがだろう。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全12枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る