京橋でローラーペイントライブを生観賞

2015年8月19日 16:23更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

8月19日(水)~21日(金)に、ペイントアーティストのさとうたけしによる「京橋二丁目西地区 複合施設仮囲い ライブペイントパフォーマンス」が、京橋で行われる。

さとうたけしが3日間にわたり絵を制作する

すべての画像を見る(3件)

モデルとして壁画に登場するチャンスも!?

アーティスト・さとうたけしが行うのは、ローラーのみを用いる独自のスタイルで絵を描くパフォーマンス。京橋の再開発プロジェクトによって建設される、2016年秋に完成予定の複合施設の、全長約60mにおよぶ巨大な仮囲いに絵を描いていく。

「東京で一番、心地のよい居場所がある街」をテーマとし、完成予定の施設を中心に周囲がにぎわう様子を描く。ローラーで描かれる絵は、短時間でできたとは思えないほど美しく、驚くこと間違いなしだ。期間中は、道行く人々を描いていくという企画もあるので、観覧に行けば壁画に登場できるチャンスも。

予定地に建つ複合施設は、京橋駅、東京駅からも利便性のよい高層ビルで「“上質”、“知性”、“本質”を知る大人のためのカジュアル」がコンセプト。

仮囲いには、絵のほかに、京橋の写真を飾るアートフェンスプロジェクト「京橋写真百景」も。

京橋の近くへ訪れた際には、迫力のライブをぜひ見てみよう。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る