2015、最も暑かったのは館林市!猛暑楽しむ企画も白熱

2015年9月2日 10:14更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東京では35度以上の猛暑日が連続するなど、気温に苦しめられた人も続出した2015年の夏。

そんな暑さを楽しむべく、イオンはWEBサイトにて、応募者に賞金を用意したキャンペーン「気温ジャンボ」を実施していた。これは、特設サイトから応募すれば、その日の国内最高気温×1万円の賞金が毎日1人に当たる企画だ。

そんななか、“今夏最も暑い場所”として確定したのは39.1℃を記録した群馬県館林市となり、最高当選金額の当選者には39万1000円の賞金が用意された。

また、その日の最高気温を記録した市町村に1℃=1ポイントを与え、集計結果によりランキングを決定する“毎日暑々(アツアツ)ランキング”で優勝したのは、岐阜県多治見市に。真夏の暑さにふさわしい、熾烈な最高気温観測地バトルに注目が集まった。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

特集

ページ上部へ戻る