注目のバル12選!ワイン1杯108円の人気店も

2015年11月26日 12:00更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

クリスマスや年末が近づくにつれ、仲間内で集まる機会が増えるこの季節。そこで今回は、話題の肉バルからおしゃれな和バルまで、駅チカの人気バル12軒をピックアップ!気軽に立ち寄れるバルスタイルの店で、こだわりの料理とお酒に舌鼓を打とう。【東京ウォーカー】

青山バル

各地の国産ワインがそろう青山バル。グラスワインは510円~用意する。「日向鶏の骨付きもも肉のグリル」(手前)と「山形牛A4ランクうちもも肉」(奥)はボリューム満点!
すべての画像を見る(14件)

国産ワインを中心に、フランス、イタリア産なども含め、200種類以上のワインがずらり。小売価格プラス1000円で、ボトルワインをリーズナブルに提供する。神奈川県・三浦半島産の朝採り野菜や、高知県の漁港から直送する天然魚など、素材にこだわったメニューを展開。その他、「日向鶏の骨付きもも肉のグリル」など、ボリューム満点の一品も!ワインと相性抜群の料理で、至福のひと時を過ごそう。

銀座 板前バル

【写真を見る】クリスタルの重箱に鮮魚を詰めた「名物!板前箱盛り刺身」は、銀座 板前バル自慢の一品

「和食×バル」をコンセプトにした和モダンダイニング。熟練の板前による趣向をこらした創作料理の数々は、目でも楽しめると評判だ。ウニ肝ソースで食べる蒸しアワビや、酒盗入りソースが珍しい和風バーニャカウダなど、個性豊かなオリジナル料理をバルスタイルで楽しめる。

Meat Jaxx(ミートジャックス)

Meat Jaxxのオーナーが自信を持っておすすめする「ミートジャックスプレート」(2800円)。色鮮やかに添えられた京野菜は、追加料金でチーズフォンデュにして味わえる

専用の熟成庫を使用した熟成肉は香り高く、なかでも「ミートジャックスプレート」(2800円)は自慢の一品だ。併せて賞味したいのが、京都出身のオーナーがほれ込んだ、上賀茂・森田農園直送の旬の京野菜。タコと京かぶらのマリネや、壬生菜(みぶな)の焼きオムレツなど、珍しい素材の組み合わせをぜひお試しあれ。

SAKE HALL HIBIYA BAR

日本酒カクテル専門店のSAKE HALL HIBIYA BAR。「SAKENIC」(723円、手前右)は1杯目にぜひ。ワイン酵母を使う佐賀県「光武」をはじめ、7つの蔵元の酒がそろう

7つの蔵元による定番酒や季節酒が、60種類以上そろう日本酒カクテル専門店。ビールではなく日本酒で乾杯する、新しいスタイルを提案する。一番人気の「SAKENIC(サキニック)」(723円)をはじめ、各地の旬の果実を使ったカクテルは要注目。酒粕に酒麹を合わせて焼いた、香醸焼きも名物料理だ。

三笠バル IL COVO

三笠バル IL COVOは、コスパ抜群のイタリアンバル。イタリア式ハンバーグの上に巨大なフォアグラがのった「フォアグラのせ自家製ポルペットーネ」(1598円)は、ぜひ味わいたい一品

“何度も来てほしいから”と、ワインも料理も本格的ながら、コストパフォーマンスに秀でたイタリアンバル。特にハウスワインが1杯108円で飲めるのは驚きだ。「トリッパと白いんげん豆のトマト煮込み」(チャージ料に含む)も食べ放題!イタリアンワインは約20種類をそろえ、無農薬野菜の料理も魅力的だ。その他、巨大なフォアグラがハンバーグにのった「フォアグラのせ 自家製ポルペットーネ」(1598円)も見逃せない!

表参道バル エルヴエロ

表参道バル エルヴエロの「おまかせお肉3種盛」(3210円)。和牛やラム、イベリコ豚のタンなど、何が出るかはお楽しみ!

「飛ぶ」という意味の「ヴエロ」の店名どおり、飛び跳ねるような楽しい時間を過ごせる陽気な肉バル。牛や豚だけでなく、ラムや鴨やエゾシカなど、さまざまな肉の食べ比べができる。チョイスに迷ったときは、「おまかせお肉3種盛」(3210円)がおすすめ。旨味を逃がさないよう炭火を使って焼いており、絶妙に火入れ加減を見極めてサーブされる。

テンプラ ワバル

新感覚の未来型天ぷらを提案する、テンプラ ワバル。串に刺した天ぷらは1本250円~、かき揚げ風の天ぷらは650円~。天ぷらの創作料理も評判だ

天ぷらを核にしたメニュー展開がユニーク。定番のエビやキスはもちろん、紅生姜とタマネギの天ぷら、納豆やオクラなど、粘り気のある素材を揚げた変わり種も。串刺しの天ぷらは1本250円から、かき揚げ風の天ぷらは650円から用意する。佃煮を挟んだはんぺんの天ぷらを自家製チーズソースに浮かせた「はんぺんチーズプール」(980円)など、創作料理も斬新だ。日本酒やワインも、スタイリッシュで珍しい銘柄をそろえる。

池袋 和バル サカノウエ

和食、フレンチ、イタリアンを組み合わせた創作料理が楽しめる、池袋 和バル サカノウエ。彩り豊かな前菜など、女子会に最適なメニューが満載!

間接照明がくつろぎの空間を演出する和バル。和食、フレンチ、イタリアンを組み合わせた手仕込みの創作料理が味わえる。牛フィレ肉のローストや北海水ダコのカルパッチョなどを含んだ特別コースは、さまざまな料理を食べられて女子会にぴったり。「牛フィレ肉のロースト田楽味噌焼き」(1944円)など、贅沢な単品料理も魅力的だ。

スペインバル 青山TORO

スペインバル 青山TOROの「エゾ鹿のロースト」(1810円)は、クオリティの高い赤身肉を使用。しっとりとした肉に、旨味が凝縮されている

スペインのカスティーリャ・イ・レオン州のトロ地域で作られるトロワイン。そんなトロワインを本場のタパスと共に、カジュアルに味わえるスペインバルだ。バレンシアのパエリアの名店「エルロメラル」の味を受け継いだパエリアや、契約牧場直送のイベリコ豚をお試しあれ!

sakeba

sakebaのスタッフ一同がおすすめする、食用米を使った甘口の日本酒「宝山」(写真右奥、グラス830円)。「和食屋さんの生うにクリームリゾット」(写真手前、1280円)も美味!

店内には常時約40種類の日本酒を用意。それらに加え、期間限定で仕入れる10~15種類の日本酒が並ぶ。33年も熟成した希少なものから、めがねの蔵人だけで醸造したというユニークな銘柄も。日本酒と共に味わう料理も幅広く取りそろえ、なかでも「和食屋さんの生うにクリームリゾット」(1280円)は一押し!カウンターではスタッフとの会話を楽しみながら、日本酒やこだわりの料理を楽しめる。

有機野菜とオーガニックワインバルSOYA 銀座

有機野菜とオーガニックワインバル SOYA 銀座では、素材の旨味が凝縮されたメニューを提供。厳選する食材は生産量が限られるので、日によってラインアップが変わる

世界各国のヴァンナチュール(自然派ワイン)と共に、イタリアの家庭料理が味わえる。有機野菜や、良質な環境で育った牛、豚の肉などで仕立てた料理が自慢。生産者に直接会いに行き、信頼できる産地から直送する素材は、甘味や旨味が凝縮されている。体が喜ぶメニューがめじろ押しだ。

オステリア アマルゴ

“大人の秘密基地”のような雰囲気が漂う、オステリア アマルゴ。「魚介の盛り合わせ」(1940円~)は、3種類と5種類を用意する

渋谷の喧騒を忘れられる隠れ家イタリアン。トロリとした食感の蒸し焼きカキや、北海道直送のタラバガニなど、季節ごとの贅沢素材を使用。それぞれの持ち味を存分に引き出す調理法で、極上のひと皿に仕立てて提供してくれる。「魚介の盛り合わせ」(1940円~)は、3種類と5種類を用意。新鮮な魚介を存分に堪能できる。その他、香川県産の小麦で作るモチモチ食感の生パスタも人気!

この記事の画像一覧(全14枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る