ゆずが 「GEISAI#11」でライブ!その心意気に、村上隆が泣いた

2008年9月19日 13:04更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

9/14、アートイベントGEISAI#11が東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された。ステージイベントのスペシャルライブでは、ゆずが登場。特設ステージで同イベントのチアマン・村上隆とのトークセッションを行ったほか、2曲を披露した。

ハプニングが起きたのは、プロジェクトテーマ曲でもある1曲目“wonderful world”熱唱の直後。「本当に、ありがとう」。トークセッションのためステージに登壇した村上隆が嗚咽しながら、ゆずの二人(北川悠仁、岩沢厚治)に歩み寄った。作品が海外で数千万円の値がつく、日本現代アートの牽引者が声にならない声でしぼり出した言葉に、会場からは自然と拍手があふれた。

今回ゆずはたった2曲、約30分のライブのためにツアーと同じ本格的なステージを組み上げて参加していた。日本に新しいアートのマーケットを創出したいと、イベントのため奔走してきた村上の想いに、トップミュージシャンが妥協のないこだわりで応えてくれたことへの感謝の気持ち。その言葉と涙にすべてが現れていた。

トークセッションのあとの“夏色”では、お約束の「もう一回!もう一回!」というコール&レスポンスで会場を沸かせた。

世界の貧困や環境について考える“wonderful world”プロジェクトの一環として参加したゆず。ステージのほかに、世界の子供たちが夢を描いた絵や、村上隆がペインティングを施したギターなども展示。多くの来場者が足を止め見入っていた。【東京ウォーカー/播磨雄介】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る